本日発売の日経マネー4月号に掲載されました・・・・伝えることはとても難しい

ライザップの目標を数年前からざっくり5000億と考えていたことの経緯などについて掲載頂きました。ただ、それは後付けの理由付けでもあって、確信してたわけでもなく、大まかにこんな感じの将来を描いていたというだけのことかもしれません。それが結果的に想像以上にうまくいったから、うまくいった所だけ記事になっている、そんな裏話。

 

 

ページの制約上仕方がないのですが、投資のきっかけと利益確定という、最初と最後の場面しか書かれてないので、その間のプロセスはごっそり抜けています。毎回の決算説明会を見ながら理解を深めたことは記事からは分かりません。そして、株価が一時暴落しようが、週刊誌で叩かれようが、負ののれんについて叩かれようが、ここは本気で中計を実現しに行っていると徐々に感じ取れたことの方が遥かに重要なことです。

 
誤解を恐れずに言えば、厳密な目標株価とかは割とどうでもいいことだとも思っています。

 

 

「大きな方向性」が正しいことが一番です。
大まかに正しければ成功する確率は高くなります。

その結果、どこで売っても利益、みたいな理想の状態に時々なります。
失敗しても、他の銘柄がカバーしてくれたりします。

それを言葉にして伝えるのは結構難しいと毎回感じます。

そんなの偶然でしょ、と言われてしまうので。

偶然な要素も実際あるので、別にいいのですけど。

 
だからこそ日々のリアルタイムのブログの意味があるのではないかと思ったりします。リアルタイムで何を感じているのか整理しているので、それが伝わるかもしれないから。

 

 

身近なことで、最近の暴落でいえば「大きな方向性」は、「信用の投げ売りを拾いに行く」という方針と、「絶対に自己責任を忘れず愚痴を言ったりしない」ことでした。

 
それができたかどうかはさておき、暴落は何度も来るので、そういう方向に毎回行きたいと思っていることが一番重要なのではないかと思っています。そういう大枠をしっかり固めておくことで、いざその場面が来た時に行動出来るということが大事だからです。

 
目標株価を考えること(基礎知識を身につけて実際にやってみること)は大事ですが、(それなりに身につけた後は)時間をかけて細かな計算をして正確な数値を出そうとするのはムダな努力になりがちではないかと。ざっくりとでも、これくらいは行けるんじゃないか?と考え、実際に検証し、成功しても失敗しても次の糧とする。それを繰り返すということも「大きな方向性」として大事にしていることです。

 

 

その他、「目立たない銘柄を発掘する」「マザーズを除く昇格期待を探す」「優待を重視する」「他人が熱狂しているお祭り時は売る」などなど・・・・

大きな方向性は、実は普段のブログで何度も書いていることです。

 

 

ついでに言うと上記ブログは、他人のためではなく、自慢したいわけでもなく、ほとんどは弱い自分に言い聞かせるために書いている独り言みたいなもの。それが結果的に誰かのためになるのなら、とても嬉しいことですが。

 

 

ライザップが優待株ではおなじみのワンダーコーポレーションにTOB

ワンダーの株主を長年やってますのでS高確実はありがたいですし(むしろ昔は旧カスミかイオンからのTOBを期待していた)3連S高くらいしないとあまり売る気にもならないかな。今後ライザップ優待にワンダーの券が加わったりするのでしょうか・・・新星堂でも使えるワンダーの優待価値は結構高くて9割くらいという印象です。

 

 

どこにシナジーを見出すのか最初は分からなかったけど資料を見たら、あぁ確かにワンダーグーの中にライザップ&子会社店舗作るならありかもしれませんね。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180219474510.pdf

 
これで負ののれんが出るのは分かっています。
ここは毎回意見が分かれる所です。
(目先だけ見れば当期の業績クリアーのためインチキしてるとか言われそうだし、シナジーを出せるというならガンガン先行投資して来期以降の成長をしっかり実現して欲しい。)

 

 

M&Aリスクがあるのも分かってますが・・・・・
(どんなに安く買収しても、赤字金食い虫になっては将来お荷物だけ残る)

カスミにとってはお荷物だから安くても手放すわけです。

 

負ののれんは打ち出の小槌ではないものの、ライザップが現状うまく利用している事実はある。そこをどう評価するかはとても悩ましい。「将来の先行投資のため」だったとコミット2020達成をもって証明して欲しいです。

 
コミット2020の数字には急接近しそうですね。

来期は売上2000億超の営業利益200億台を実現してほしいと願っております。売上はいけそうなので、あとは利益が本業で本当に出るかどうか。

 

 

コロワイド優待で横丁に行ってみました

http://www.honobono-yokocho.jp/

http://hamarepo.com/story.php?story_id=6181

 

昨日は川崎に久々に行きました。ずいぶん駅前に大きなビルができたように思います。そして妙にコロワイドのお店が多い気がしましたが、駅前に集中しているだけかな。北海道、甘太郎、やきとりセンターにラパウザなど。

 

 

中でも半年くらい前に出来たばかりの横丁はすべての店で優待使用可能なパラダイス。磯丸に似ている浜焼きのお店に人気が集中している印象でしたが、ステーキを食べてきました。お値段相応に満足は出来た。店員さんはかなり忙しそう。

 

 

コロワイド株は妙に強いですが、いつでも増資リスクはあると思っています。それを踏まえてどうするかですね。

 

 

初心者~中級者向け?株式投資スタートアップガイドに掲載されました

日経マネーの過去記事をテーマ別に分類してまとめたような本でしょうか。
親子教室、さわかみさんの連載、お悩み相談などが一気読みできるので、初心者~中級者を脱せない人向けかな。

 

 

日経マネーの記事のよせ集めじゃないかと文句言う人と、あらためて読んだらすごい気付きがあってよかったという人に、両極端に分かれそうな本です。

 

 

時間を積み重ねて成長してきた人は、あぁこういうことだったのかと、きっと初めて読んだときと違う感じ方をしたりしますね。結構よくできていると思います。

 

 

リソルHDが大幅増配+優待拡充?・・・・・無料宿泊ができるようになりありがたい

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180215472663.pdf
金額は4000円減ですが、1日あたり4万円までと10倍増となり、実質無制限な感覚に。ショップ販売がなくなるため、おみやげは買えないとなりそうですが。

 

 

実感として実質優待価値は今より上がるんじゃないかなと思います。
最近のヤフオクは50%切ってることもありましたが、70~80%になるのでは。

 

 

過去にリソル生命の森その他で使いましたが、制限が分かりづらいうえに使い切るのが大変でしたので。宿泊代、食事代、ショップお土産を別精算でやっと使い切りました。

 

 

変更後の優待なら気兼ねなく使えそう。むしろ自分の分が足りなければ(株が無理なら)券だけ買い集めたいでしょうしね。

 

 

ライザップの決算説明会を見てみました。

この会社は「飛躍的成長を実現するためには大きな先行投資が必要」というのを理解しているかどうかで業績の感じ方が大きく変わってきます。
一方でジーンズやSDなどまだうまくいっていない事業もある。
この2つをごっちゃにしないで、しっかり分けて考えることですね。

 
・上期は10億上ブレしている(負ののれん効果あり)
・ジーンズとSDで10億下ブレ
そのため、当期の数字はそんなにブレないのではないかと。

仮に未達でも、来期の数字がよければそれでよい感じでしょうし。

 

 

 

当期の数字なんて割とどうでもよくて、そろそろ来期の数字を想像しなければいけない頃でしょう。ひとまずゴルフが黒字化して利益率が伸びる所まで見えれば数十億円?の利益プラス効果ぽい。

 

 

コミット2020はもとよりとんでもなく困難な道のりのはずで一直線に順調にいくわけない。株価だけちょっと先に行ってしまったから、不安になると乱高下してしまう。

 

 

これだけ株価が上がっている(現状でも1年前比4倍以上)のに、ちょっと不安になると文句を言われるのだから社長は大変だ。株価はもう十分高いのだから、嫌なら売ればいいだけ。あれだけチャンスがあったのだからそれを逃して今売りたいと思うなら自分の責任。どんなにつらい時でも他人や相場のせいにしてはいけない。

 

 

色々な人を参考にしつつも、最終的には自分で判断し自分で責任を取ること。

良い時も悪い時も、それを続けないと成長はない。

 

決算ピーク2・・・本日のポジティブニュース

良いニュースはCKサンエツが昇格申請分売&上方修正。
すでに1月に5000弱で半分売ってタダ株にしてますが、こちらも地方市場からの昇格銘柄。
(ここはとてもよくできました)
最後まで見届けたい。

 

 

すかいらーくは以前に日経新聞で来期は改革のため減益予想ぽいことが出てたので、結構覚悟してたんですけど、増益予想ですごく安心しました。
(前期が悪く見えるのは仕方ない)
優待も今日何かあるわけないと思いつつ・・・なくてほっとしています。

 
資料見ると2017年は優待コストが前年比+19億(3倍にしたので)、2018年は前年比+2億(売出したので)と見込んでいるということかな。いずれ、明光ネットと似たような3年しばりを導入したらいいと引き続き思っています。長期優遇制度はどんどん増えてますからね。

 

 

サンセイランディック新中期計画は期待以上。
底地くんのパンの缶詰を毎年楽しみにしています。

 

 

ヤマウラの次の優待は3月。先日届いたばかりだから半年早まって嬉しいですね。
(前にも出てた)
決算も良好。

 

 

ブロードリーフは増収増益・自社株買い・株式分割と文句なさすぎる最高開示。
これで優待維持したら神ですが未定の模様。

 

 

開示がたくさんあって、まだまだ読み切れません。

 

 

 

決算ピーク1・・・本日のネガティブニュース

12~1月の頃は、売った株がさらに妙に上がっていて悩ましかったのですが・・・
2月は真逆の状態になってしまいましたね。

 
今日もだいぶ投げ売りぽいのが出てた印象ありますが、気持ちは分かります。長い目で見ればそこまで減っているわけではないのに、値下がりは値上がりの5倍くらい悲しいのだなという実感。

 

 

本日ぱどがS安に沈みましたが、1月にお祭り状態になった時にここはたいして売らなかった報いか。
・これだけ落ちてもまだ含み益がある状態(高く買い増したりしていない)なのはよい所
・1月あれだけ上がったのに、または直近で反発した時に今の状態を想像していなかったのは大きな反省点。

 
堀田はともかく、ぱどはまだない確率の方が高いと思っていただけに、期待が膨らんだ分をある程度利確しててもよかった。

 

 

昨年蓄積したものを若干吐き出しているという今日この頃です。
金額の絶対値は大きいもののパーセンテージはそこまでじゃない。
今年はもとよりプラスになれば上々と思っていたわけなので、じっくりと向き合ってまいります。

 

 

恩株残し卒業済みのライザップは子会社がイマイチなこと(特にジーンズはやっぱりという)やマルコが閑散期なことを踏まえれば3Qでそれなりの利益は出せているが・・・・
「積極的な投資を実施し、その成果は着実に現れており、特に第4四半期連結会計期間において大幅な増益を計画しております。」
これがどこまで通じるか、決算説明会待ち。

説明資料はHPに出てます。

 
所々がんばって作った感があり、計画は達成見込みと書いてますが、はたして説得力があるのか、実際に達成できるのか、楽しみに今後を見てみます。来期以降のことが徐々に資料に登場してますね。

 

 

決算を見るのは本来とても楽しいものです。
パニック売りもパニック買いもやらないよう、少しずつ原点に戻らないと。

アビストが例年通りの上方修正ペースで好決算・・・・原田工業は授業料支払い

本日の原田工業は以前のグッドコムと同じような動きだったという印象でした。おそらく比例配分狙いの買いも入っていたため、S高で寄ったらプチパニック売りになるかもと思いつつ、今日はあまり見ていなかったので失敗。
グッドコムの時はうまく対応できたのですが、今回は授業料として今後に活かします。

 

 

アビストは相変わらずの好決算。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180209468422.pdf
5500を超えて来た時、そろそろ当初の目標株価なんだけどと迷いました。しかし当期も上方修正だろうし、せっかくなら分割するまで待ってみるかということにしたら暴落をくらっています。

 
とはいえ、1度売ったら2度と(心情的に)買い戻せない会社だと思うので、とことん成長を見守るのも自分に合った手法です。

 

 

日経平均は落ち着きませんが、持ち株はプラスのため徐々に指数離れは進みつつあるか。平常時でない時は色々なものが無効化されてしまいますが、報われようと報われまいと、続けなければいけないことは続けていきます。

 

 

原田工業が優待新設・・・・長期優遇ありを出してほしかった高田機工は妙に好決算

本日はNYダウ-1000再びということで、また来ちゃったかという朝でしたが、上方修正の南陽はプラスで始まってくれて癒されました。高値もしっかり更新おめでとうございます。終盤にはプラテンする銘柄も意外とあって、日経の下落の割には普通の日でありました。

 

 

そして、東証2部に昇格したばかりの原田工業が優待新設したのでPTSで買いに行きました。
16時までは今日の値幅なので1381円・・・・買うには即決するしかなかったものの、なんだか損したような気分に。

 
どちらにせよ夜のPTSでは買えないと思ったので、良かったのか悪かったのか、来週は優待パワーの実力を拝見という所です。長期優遇をつけているのは、もちろん株主数確保で1部行きたい表れなのでしょう。

 
高田機工の決算は3Qの利益の伸びが素晴らしく、しかも4Qで予定されている売上規模を考えると再上方修正必至に思える。
(赤字工事が発生しているとも思えないので)

 
しかし株主数に関する施策は何もなし。ここで何もないとなると、あまりに決算の見かけがよいので、株価の動向を見てから時間差で何か出すのでしょうか。別に来週でも構わないわけですし。

 

極端な話、3月ぎりぎりでも大きな優待つければクリアー?
分売だけでも、売ってくれる所があればクリアーだろうし(再上方修正とセットとか)

 
まさかM&Aの対象になるってことは、ないよなぁ。。。
決算の数字が良いだけに、焦らされ過ぎて悩ましいですね。

何もせずに2部降格は絶対にないと思いますので、これも経験と見届けてみますか。