決算短信の定性的情報に重要な情報を開示してくれる会社が最近増えていますね

NY、原油上げで円安にもなり、日経平均先物で+500くらいのようですね。

金曜セリクラの可能性を考えてそれなりに約定してたので、これはよかった。気持ち的にもひと安心。

 

最近の決算短信で面白かったのは日本商業開発でした。
ここは四半期ベースでは大きくブレますし、当期はすでに上方修正しているのであまり見るところがありません。問題は来期再来期に同レベルの利益を計上できるのかです。決算短信の文章でしっかり来期に向けた施策を書いてくれてるのはいいですよね。投資家もしっかり好感して、市場暴落の金曜日も一時はプラ転まで行きましたので、月曜は大きく上げてくると思われます。
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20160210/9p8q4d/140120160122493085.pdf
なお、当社経営環境につきましては、昨年10月以降立て続けに、入札案件を2件落札するとともに相対取引案件5件の成約に至り合計約110億円の案件が成約し、他に3案件の優先交渉権取得に至るなど、計10案件と順調に仕入れが進んでおります。現在、販売用不動産は保有及び契約ベース等で約300億円に達していること、日銀のマイナス金利政策の導入の決定により、資金調達も拡大し有利な条件での借入れが可能となり金融コストが低減すること、また、当社商品への期待が益々高まることが予測できることなどにより、来期以降の事業年度の業績は当期を上回 るさらなる増収・増益で成長が加速する見込みであります。

Speak Your Mind

*