日華化学に参戦・・・・・・きちりがS高!・・・・・・そしてシステムリサーチが東証2部昇格して1部昇格も時間の問題か

システムリサーチが早くも東証2部昇格しました。

先日の立会外分売で目指してることを公開してたとはいえ異常に早かったですね。といいつつ、一連の施策は1部昇格のためと分かってましたから、今年中に1部まで行ってもまったく驚きません。もうド本命になってしまった感じ。

——————–先日の再掲———————
既に1部を見据えた施策でしょうという判断です。2部基準は満たしていると思いますし、今回の増配+優待新設(分割後基準)+分割+立会外分売のスペシャルセットで一気に1部基準を満たすと思われます。なぜ株式分割をしなければならなかったのかを考えれば明白だと感じまし た。

——————————————————–

きちりは新たな提携が好感されているようです。
http://www.asahi.com/business/stock/kabuto/Ctkkabuto1830878.html
先日は、いしがまやハンバーグにも久々に行ってきました。
単価は高めですが、満足度も高く良い店だと思います。
http://www.zaikei.co.jp/article/20160315/298322.html

日華化学は過去かなり相性のいい名証2部→東証2部→????の案件です。
もともと昨年12月に東証に来たときからウォッチしてました。
当時はやや過熱してる印象で見送りましたが、おかげで半値近くになり買いチャンスを待てたという状況です。東証2部だけのチャートだと悲惨ですが、名証2部のチャートだと元に戻ったくらい。

 

☆プラス面
・昇格に関しては間違いなく早い段階であると考えている。
・低PBRであり1Qに30億の特別利益が計上されさらに低PBRになる見込み。同じ理由で見かけの低PER。
・2014/11の1000株→100株への単元変更時に優待をいじらず。優待拡充がカードとして残っている 。
・多額の先行投資を行い売上成長意欲が高い。
・株価は大きく調整し期待が剥がれた状況にある。

★マイナス面
・円高デメリット(想定平均レート1ドル120円。10円円高なら利益がマイナス1.5億くらいとのこと。)
・海外の不確実要因(海外売上高割合が多い)
・先行投資で利益面に圧力(中期計画を40億→30億に修正した点について社長は「コストを抑えれば(当初の目標は)達成可能だが、さらなる成長に向けた投資を積極的に行っていく」と述べたとの記事あり。
・特に上半期は減益予想、下半期で本当に取り戻せるか業績は非常に読みにくい。前期下期に一過性のコストがあったことから整合はするが。。。

このような環境のため今の段階ではやや買いにくく、あと3~6ヶ月待つのもありだと思いますが、今日は1つめの買いタイミングでは あると思うのでとりあえず1000株確保。株主数が微妙なだけに100株優待拡充がきてくれたらすべてのマイナス面が一層されそうなんですけど、そこは運次第。

 

Speak Your Mind

*