5倍株の極楽湯を売り切り・・・・・・竹本容器がついに優待新設

極楽湯は昨日平均900弱で全部売り。売買代金でJQトップとか異常すぎる印象でしたので指値と逆指値をしてた所、全部通ってしまいました。今朝の8時5分くらいに見たら気配1050くらいだったため早まったかと思いましたが、結果暴落でしたね。

 
利益確定のタイミングというのは明確な正解がないと思っていますが、以下のさわかみさんの言葉をちょいちょい思い出します。カッコは優待投資家としての補足を追加してみました。

われわれはその企業を応援する(そして優待を頂く)という気持ちが強いから、多くの投資家が売り逃げに走る株安時ほど買い出動したくなる。皆が買い群がる株高時に、もうかりそうだからと間違っても飛びつき買いすることはない。そんなも の銭ゲバの投資であって、企業を応援するとはとても言えまい。
ほら、企業を応援するという意識さえ高めれば、株安時にどんどん
(優待株を)買えるじゃないか。投資なんて安い時に仕込んでおけば楽なもの。ちょっと高くなるだけで、どこで売っても利益が出る。これが、「もうかってしまう」ということだ。

賛否両論あるでしょうけど、案外こういう大雑把な感じでどんと構えている方がうまくいくことも多いです。さわかみさんは10年来同じことを言ってるので最近はあまり本も読まなくなりましたが、核となる部分だけ自分の中に取り込んでいる感じです。

 
現実にはそう簡単にうまくいかないけれど、極楽湯みたいにうまくいったものに関してはどこで売っても利益が出るのだから、ある程度いい加減な利益確定でも良い湯加減になったのでした。今まで頂いた配当と優待も入れると約5倍株です。十分です。

そしてついに竹本容器の優待新設+分売がきました。狙いはもう明白といった感じです。優待が何円相当程度のものなのかまったく分からないというのは難しいですけれど。
「昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!」で書いた優待新設狙いの実験3銘柄はこれにて全銘柄がめでたく新設という結果となりました。今後に生かせると思います。

Speak Your Mind

*