トランプ大統領誕生ショックでマイナス1000への対応・・・英国ショックを思い返しながら

本日朝からの戦略は、もしも雲行きが怪しくなった場合には早い段階でキャッシュを作りに行くということでした。英国ショックの時の教訓です。そのための候補銘柄もピックアップしておきました。これはちょっともう売ってもいいかなというのを中心に。

 

実際、日経平均がマイナスに転じたあたりで危機感があり、実行に移しています。
午前の段階でかなり整理しました。

 

午後に入ると、もう完全にアウトだということでセリクラ待ち体制に入り、さらに売ります(売る一方で、午後一で急落してたのは少し拾った)。

 

マイナス1000超えとか、またかよという。。。精神的にはもう慣れたかもしれない。
おかげで過去最大金額のキャッシュを確保して今日を終えることに(それでも株の割合の方が圧倒的に高いですけど)。

 

けれど、先物は早くも半値戻しくらいになってますね・・・。
うーん、動きすぎたのは失敗だったのかどうか。
毎度のことながら日本だけが異常なパニック反応してるみたいで悲しいです。

案外、時が経ってみればあの大暴落はなんだったのかということになる可能性も。それならそれでよいのですが。

 

ただ明日の朝は日経平均と連動せずの投げ売りも一部あるかもしれませんので、チャンスを探しに行きます。そのへんは割といつもの暴落時通りです。

 

トランプさんも別に世界を破滅させるわけじゃないですからね。
よりよい世界を作って行っていただけるよう願いたいと思います。

Speak Your Mind

*