祝!大冷東証1部昇格・・・おさかな優待で冷凍庫がいっぱいです

昨日書ききれませんでしたが大冷が昇格で暴騰しました。

 

ここは成長面でイマイチ上場後伸び悩んでいますが、優待と配当は満足してるので分散投資先の1つとしてはまずまずでした。

 

2部上場から約2年と少し時間はかかりましたが、最近は誰も期待していないくらいだったと思うので、そういうのは跳ねてくれますよね。こうした形で全体としては負けにくいのが良い所です。
同期で残るは竹本さんですが、順番はいずれ回ってくることでしょう。

少し前の昇格(負け?)組のヤマシンフィルタとオカダアイヨンが活況です。トランプ関連銘柄なんて言われているようで、こういうことが起きるのも面白い世界であります。

 

RIZAPは上方修正期待買いが昨日明らかに入ってたので下げると思ってましたが、ここまで下げますか。来期すごい数字を出しますなんて今言われても目先のことしか見てない人が多いですからね。もちろん来期どうなるかなんて不確実ですから、それは仕方がないのです。1年前も同じでしたね。100億コミットを信じてた人はそう多くないでしょう。ただ、結果を出し続けていればいずれ必ず株価はついてきます。それは絶対に忘れてはならないことです。
あとは自分がどう判断するのか、どういうリスクをとるのか、必ず自分で考えなければなりません。

 

ちなみにキャッシュフローが話題になっているのを見ましたが・・・・・
営業CFのその他は、損益計算書のその他の収益とほぼ一致します。
負ののれんは「非資金損益項目」ですので、興味あれば調べてください。
あとは営業CFがマイナスなのは特に気にしてません。
「小計」は大きなプラスになってる所まで気にして見ると、印象が少し良くなると思います。
上期はもともとキャッシュを伴う利益が出ない期間ですが、前期の税金を17億弱も払わなければならないので、結果として営業CFはマイナスになっているという理解です。通期だとそれなりのプラスになってくると思いますが、分割払いが増えたりするとマイナス効果がありますのでその影響も加味したいところ。

 

解釈は人それぞれですがご参考までに。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*