日経マネー7月号に掲載されました

今回は2つの記事です。

 

・時短の座談会
座談会風になっていますけど、実は個別取材で座談会はやっていないという。。。
3人とも共通する主張の部分があるから、コメントをつなげると一緒に話しているように構成できるんだなぁと思いました。なのでセリフは結構フィクション入ってます。例えば、ドン引きなんて言葉は普段使わないよなぁと思いつつ、特に修正入れませんでした。
勉強すること、調べることが必要なのは当たり前レベルの話でしょう。もしもドン引きなんてしているようではお話になりません。慣れれば楽しいものです。それが嫌ならインデックス積立投資がいいんじゃないかと自分も主張していました。

 

グリーン車の話は初めてしましたかね。毎回使うわけではないけど、時間を買っている感覚です。満員電車が嫌いという人には費用対効果抜群。武田双雲さんが、会社員時代に1駅(横浜-川崎?)だけででもグリーン車に乗っていたエピソードを読んで、ああ同じだなぁと思いました。

 
・お悩み相談
投資をいつ始めたらいいのかという点については現実的に「分かりっこない」で一貫しています。例えばこの20年くらいで一番良かった時期は、リーマンショックの真っただ中とか大震災の最中だったわけです。そんな時に証券口座を開いて有望銘柄に全力投資できる初心者がいたらありえないレベルの変人ですよね。
何ごともいきなり都合よくうまくはいきません。小さく始めて大きく育てるために、ゆっくり行きましょう。「とりあえずやってみる」という行動力は、大人になり年齢を重ねるほど(困難になるので)重要だと思います。
なお、この原稿を書いたのは北朝鮮問題で市場がものすごく不安定(プチ暴落)になっていた時です。みんな不安で逃げたがっていましたが、結果的にはあそこが短期では絶好の買い場だったわけです。
トランプさんが勝った時も大暴落すると言われていて実際に暴落しましたが1日だけで、その後大暴騰につながりました。もはや市場全体の動きを予想することに意味があるのかどうかというレベルになってきます。

 

今週はライザップ子会社祭りでした。
親会社もようやく上がってきましたね。業績達成を前提ですが、今年は4桁定着して欲しいです。ちなみに夢展望の100株優待が優遇されているのはいずれ立会外分売を行うことを見越していると思われます。
(マルコも一応そうかな)

「利回り」を考えるときは多少割り引いて考えた方がいいと思っています。
なお、今は子会社株式を一部売却しても日本基準でもIFRSでも「売却益」は計上されません。たしか資本が増えるだけです。

このやり方を批判する人を時々見かけますが・・・・気持ちは分からなくもないです。そういえば本に書きましたが、コロワイドはライザップの数十倍の規模(数百億レベル調達)でアトムを放出して同じことをやってきたんだけど、アトムの上昇が緩やかだったからあまり批判されないのかなとも。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

マルコ&イデアの優待拡充・・RIZAPグループの決算は概ね想定内で安心・・祝!大光 東証1部昇格

・マルコ
決算内容と優待拡充に久々に度肝を抜かれました。
今週の主役決定ですかね。ミラクルサプライズです。

http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170515/ahqyrm/140120170515473346.pdf

この日が来るの長らく待っていましたが、保有はピーク時の半分くらいに落としていたので複雑ではあります。
(信じきれなかった自分に対しては何だかなぁと思いつつ、万株以上はあることに感謝。)
年2回2000円でストップ高でも利回り20%弱ですか。久しぶりの「どろあわわ祭り」の感覚ですね。業績面でも営業利益12億って・・・・ここまでいい数値は夢にも思わなかった想定外。気持ちよく(連続?)ストップ高を見せて頂きましょう。ヴィアのマイナスの数倍のプラスでお願いいたします。

 

・イデアインターナショナル
上方修正+分割+優待拡充+復配の気配。
一番多いであろう200株持っている人は優待が18000→24000円に!
最低単元ベースなら実質優待3倍増し??

こちらもPTSはS高。

 

・ぱど
・パスポート

黒字転換予想でひとまずよかったです。

 

 
・大光
そして祝!大光 忘れた頃の東証1部昇格でした。
ナマコ事件とか色々ありましたけど、継続保有してきたかいがありました。

 

・ダイオーズ
先行投資期間を終えて最高益予想。
ここはもう半分以上はアメリカの会社なので、いずれ減税の恩恵も受けるのですかね?

 

先週のヴィアの優待変更は残念でしたが、こんなもんかなの下げでとどまり、今日の嬉しい発表盛り沢山でよかったです。

 

そして大トリ

・RIZAPグループ

営業利益102億で業績予想にピッタリ合わせ作ってきた印象。
純利益は予想を上回ったため増配。
3Qで懸念だった営業キャッシュフローはプラスまで回復。会社説明通りで問題なし。
結果的に負ののれんで作ったような印象の強い決算ではあります。
(その点がこの1年株価があまり上がらなかった理由と思っています)

 

 

しかし最大の注目点は来期予想。

売上1500億もあるんだという第一印象。

そして上期減益、通期増益は事前の想定通りです(上期は負ののれんが大きかったため)。
営業利益130億も四季報通りですが、本当に出せるのかと疑われていた数字だったと思うので十分ではないでしょうか。
「負ののれんを除いた利益額が今期の通期利益(負ののれんを含む)を上回り、実質的に本業の利益が今期に比べ倍増する計画です。」
ということで、本業のみの数字であることが分かりますし。

このハードルが高いのか低いのかは分かりませんが、2日後の決算説明会を見てみることにしましょう。本当に本業だけでこの数字を出せるなら今の株価の位置にはいないと思いますが、さぁどうか。

 

なお、東証1部に関しては、流通株式比率の関係から、増資・売出・分売のいずれかが必要と思われるため、株価がきっちり上がった所で増資+昇格するか、あるいは伊藤忠などに第三者割当増資をした後に昇格するかという推測は今でも変わりません。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

アビスト決算は上ブレ着地で順調に成長中・・・・お小遣い制は断固反対

そういえばアビストの決算も出てましたね。
毎度のごとく上期は10%程度の上ブレになってますが、材料出尽くしで下落してました。下期に上方修正すれば配当も増額されるでしょうから、楽しみです。そろそろ分割も欲しい。

 

犬次郎さんの所を見て思うこと色々
http://kabuinujiro.blog.fc2.com/blog-entry-538.html
1つの財布にしてきっちり管理した方が家計が健全になる場合もあるでしょうし(お金があると使っちゃう体質の人は特に)
2つの財布でも、各自が節約志向なら自然と増えて行くことでしょう。

 

これもやっぱり普通がどうとか世間がどうとかなんて、本当にどうでもよくて、自分たちに合った方法が何なのかを模索していくしかないのでしょうね。

 

お小遣い制の場合でも、例えば残業代は全部(or一定金額以上は)夫のものにしてあげれば、仕事のやる気も出てくるかも??

 

私の場合はお小遣い制というのは最初から断固拒否でしたが、それはお小遣い制が心の底から自分に合わないものだという感覚があったから。別に金銭に限らず、自分がコントロールできるものを奪われるのは、やはりどこか小さくまとまってしまい、モチベーションの低下につながる気がしますね。
もしもお小遣い制にしていたら、おそらく今の資産も本を出すことも到底かなわなかったはず。それは結果論ですけど、プラス「自分でこの道を選んだ」という納得感があると思います。
犬次郎さん含め、世間のお父様方、将来そうなる方、あるいは女性の方々もぜひ普通とか世間とかに流されずに自分で選ぶこと、そして意見が合わなければ擦り合わせることを選択してくださいませ。

これは1つの参考リンク。こういうトピックは結構見つかります。
http://www.sy-br.co.jp/%E3%81%8A%E9%87%91/post-918/
https://matome.naver.jp/odai/2142521374631501501

 

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

大量の決算メモ

大量すぎるのでメモ程度に。

 

・マルコ
上方修正で黒字化達成。1年後の復配と優待拡充期待は続く。来期は広告宣伝費を増やす見込みのため、どの程度の予想が出るのかは分かりませんが、1年目できちんと黒字化できたことは非常に重要。

 

・パスポート
在庫調整で下方修正もこの程度でよかったという印象。月次を見ているともっと悲惨な数字が出てくるかと思っていたので安心しました。
赤字の大部分は1Q(RIZAP取得前)の在庫評価損等であることから、ここからまずは黒字化に持っていけるか。
優待は結局現状維持しているのでしょうか?

 

・SDエンターテイメント
もともとそんなに期待してませんが下方修正の常連になってしまっていますね。。。

 

・RIZAPグループ
15日の決算ですが、マルコだけで3Qと4Qの比較で営業利益が10億以上プラス効果があり、予算達成は問題ないと感じます。むしろ上ブレでしょう。
問題の来期予想営業利益は110億~200億(負ののれん込みのMAX)の範囲で考えていますが、何が出てくるか分からない緊張感はあります。

 

・リソルHD
不動産売却があるから四半期ごとにぶれますね。特に問題なしで継続保有ですが、来期はなぜ営業外収益を見込んでいるか疑問。

 

・ユニバーサルエンターテイメント
ここの業績は全く予測できないので、悪くはない程度の印象。
純利益が妙に大きいのは海外の税金負担が小さいせいなのかよく分からない所です。

 

・ウチヤマHD
なつかしい名前ですが今年は3月権利を取っています。
カラオケと飲食は期待できませんが、ぼちぼち業績も株価も底打ちして介護メインで伸びてくるといいなと。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

ヴィアHDの優待が2倍増しに・・・・・しかし半額券に・・・・・1年後から

60%は3月の権利直前に売って、すかいらーくなんかに回したので、少し救われた気分です。しかし残り40%もまだ結構な金額なので痛い。

 

半額券というとVVが思い出されますが、あそこは-20%超のS安で寄り付きましたね。

 

ヴィアの場合は
・金額が2倍になることから優待価値の下落幅は緩やかなはず。
・次回9月権利は今の金額のまま。
・交換商品は現状維持から少し下くらいなのかと予想(2倍の枚数必要になるくらい?間違っても倍もらえるなんてありえない。)

 

ということで下げても10%(1000割るかどうか)くらいじゃないですかね?甘い?

PTS始値で指値したら少し買えてましたよ。

 

比較的うまい改悪方法だとは思いますが、せっかく異常高値の株価なんだから、中期計画をエサに増資してあと5年くらい維持してもよかったんじゃないかな、とも。
終わったことは仕方ないので、大量の決算読みますか。

 

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

 

南陽は50円超の配当で順調増・・・・決算シーズンの中で

超主力の南陽は決算と業績予想がどうであれ、2期とも50円以上の配当を出してくれたら合格点と思っていました。53円、51円ということで十分満足ですね。業績予想は売上の割に利益堅めに思えますし、あとは着実に東証に来てくれれば2000円は遠くなさそう、という願望。

 

決算をまたぐとたしかに今日の日本商業開発とかヴィンクスみたいなことになることもありますが(2社とも保守的に見えるが仕方ない。)・・・・
数年前に決算を避けて売ってしまった銘柄なんかを見ると、着実に成長している企業が多いなぁという印象です。

 

おそらく長い目で見れば決算前後の思惑は誤差にしかすぎません。

そう言い聞かせてはいても、どんな数字を出すのかはちょっとドキドキします。15日まで楽しみは続く。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

ダイヤモンドオンライン連載7回目・・・・コロワイドは無事に決算通過

http://diamond.jp/articles/-/127170
今回はIFRSのお話です。
本で取り上げたことに加えて、MBO再上場案件についての問題提起をしています。

 

なお、すかいらーくについては以前に書いた通り、1度ファンドが売ってきた所でMAXまで買い増ししています。今後追加での売出が想定されますが、個人に売るだけじゃなく、企業が引き取る可能性もなくはないかなということで。

 

もちろん、売出でどう需給やEPS等に影響を与えるのかは、本を読んでたらパッと3つの視点が浮かぶはずですよね。仮に第三者が引き取ったらどうなるかもきっと応用で分かるはず。

 

コロワイドの決算も出てましたが毎年のごとくV字回復で何より。カッパの上方と来期予想を見た時点で、あぁ大丈夫だなと想定できました。カッパにしても以前の下方修正時に赤字50億とかいうのを見るとえらいことになったと思うかもしれませんが、繰延税金資産の取り崩しが原因と分かっていれば、そこまで悲観的にならなかったはず。
繰延税金資産は少々難しいので本には掲載しなかった経緯がありますが、重要な論点です。カッパがしっかり黒字体質になればまた計上し、今度は大幅な黒字になるはず・・・。

ダイヤモンドダイニングが爆上げ・・・・目標株価が3600に変更だそうで

朝から異常な爆上げをしていると思ったら材料が出ていたようです。

 

いちよしが目標株価引き上げで3100→3600だそうで。昨日書いたばかりなのにいきなり引き上げですか。

 

DDを長年応援してることはブログ見てる人なら知ってるはずなので、まさか昨日の記事見て2500台で買いに行く人なんているわけないと思いましたが、はてさて。

 

ゆっくり評価されていってほしいものです。

 

あとは、ハブががっちりマンデー効果で上がってますね。先週の予告の時点からこっそり見つけてはいました。知名度と流動性がまだまだの会社はテレビの効果は絶大なようです。そういう先回りも未だにありといえばありかもしれない。

 

4月に半分約定(最高2149)してしまったので、複雑な心境ではある。仮に優待でてもお酒メインの所は行かないかもだし悩むなぁと番組を見ていました。

考えること、継続すること、それを習慣にすることが大事

RIZAPに関してすぽさんの所で熱い議論が交わされているのを拝見しています。
http://www.spotoushi.net/archives/70216884.html

8割くらいは知っている(決算説明資料を見てれば知っていなきゃいけない)内容ですが、ジムに通ったりしていないと分からない内容もあり大変有意義です。こういうのは結論を出すのが重要というわけではなく、考える習慣をつけるという点が一番重要なのかもしれませんね。続けることで、圧倒的に知識と経験が磨かれていくはずです。それは仮に今すぐ投資成果につながらなかったとしても、将来必ず報われる場面がめぐってくることでしょう。

ダイヤモンドダイニングが上場来高値更新中・・・・業績だけでなく今後も優待拡充に期待か

いちよしさんの目標株価は3100円だそうですが、万年超強気ですので参考くらいに。それでも上場来高値を更新中で2000円を超えてきましたので1ファン株主としては嬉しい限りです。

 

かねてよりゼットンの店舗で優待(DDマイルのみ)が使えるようになると言われていましたが、こちらもどんどん拡充されています。
http://www.diamond-dining.com/news/2017/04/24/6664
まだ全店舗ではないのでさらなる追加が期待されますね。
また商業藝術社の買収を発表したことから将来的に同社の店舗で優待が使えるようになることが期待できます。
http://commercial-art.net/shop
店舗リストを見ると大変魅力的ですね。

 

業績面ではゼットンの連結化と商業藝術社の買収に伴い、売上は500億円規模まで急拡大の見込み。利益がどこまでついてくるかにもよりますが、魅力的になる優待のためますます売れない株となりそうです。
(個人的にはいちよしさんの目標を超えるくらいでないと・・・)