アビストが上場来高値を更新・・・・ねほりんぱほりん億り人

昨日今日と持ち株は年初から順調なスタートを切っており何よりです。

 

主力のアビストは順調に上場来高値を更新し4倍株を突破。
いちよしさんに言われなくても、中計ベースで4500以上を目標にしてましたが、あと10%ちょい、実現するのでしょうかね。これだけ上げてもまだ保守的利益予想ベースでPER16と頼もしい限り。

 

いちよし証券がレーティングを新規に「A」、フェアバリューを4700円としており、評価材料視されている。付加価値の高い請負業務の拡大で、中期成長を予想しているもよう。自動車業界の堅調な研究開発投資を背景に、主力の設計開発アウトソーシング事業は順調な推移が予想されるほか、水素水製造販売事業も今後は黒字定着と見込んでいるもよう。当面は2ケタの増収増益を予想。

 

「億り人」の「ねほりんぱほりん」見ておきました。
賛否両論みたいですけど、ココスの包み焼ハンバーグを銘柄発掘のきっかけに、導入としてもってきた部分は非常に分かりやすくてよかったんじゃないですかね。プライベートな部分はあまり興味ないですが、豪遊といいつつプチ贅沢する部分は多少の共感もあり。新興系中心の銘柄選びのようなので、そこはあまり接点ありませんが、いろいろな研究をやってる所が映し出されたのはよかった。

 

あと2020年までに10倍株?の最初で取り上げられてたR社ですが、オフ会で話し合われた内容は、若者が減ってるから業績がどこかで頭打ちになるのでは?というのでした。

http://rizap-gym.jp/rizap/40_50_60

そんなに若者中心じゃなかったようなと思いながら、調べてみるとこんな感じですか。

ジムについては最初は若者のイメージだったのが、徐々に年齢層を上に持っていこうと会社は動いています。ゴルフや英会話は来期の成長ドライバーになりそうですし、頭打ち感はあまりまだ見えないかなという一株主の印象です。2Qは結構先行投資につぎ込んでた印象なので3Q以降でどの程度利益が出るのか見てみましょう。本当はもう数字作りに行ってる当期はどうでもよくて、来期どの程度を見込んでくるかが楽しみなのですが。まだ数か月ありますね。

 

なぜか途中に大損した人の体験談を挿入したのは制作側の意図なのかな。集中投資の恐ろしさを強調するなら、分散投資も教えてあげてよNHKさんと思いました。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Speak Your Mind

*