日経マネー10月号に掲載されました・・・暴落時の原稿補足

今回は主に暴落時のお話です。
対面取材時は、毎回事前にある程度のネタ原稿を事前に用意してお渡しするのですが(ネタはアドリブでパッと思いつかないので自分がやりやすいよう)
カットされてしまった部分も結構面白いのではと思うので、ブログに掲載してみます。
暴落時に毎回のように面白い漫画を描いてくれる犬次郎さんには結構救われているかもしれません。
http://kabuinujiro.blog.fc2.com/blog-entry-367.html
http://kabuinujiro.blog.fc2.com/blog-entry-456.html
今見るとそうでもないけれど、大暴落の当日にこれを読むとなんだか癒されるんですよ。この気持ちは、あの時同じ体験をしていた人なら分かるのではないかと思います。
また、先月の日経マネーのP128にあるようなさわかみさんの話は過去何度も読んできた話で体に染みついています。現実にはなかなかうまくできなくても、P130の図のようなことをある程度やろうとしているわけです。

 

 

逆に、暴落時に特に敬遠するのはネガティブなコメント、ブログなど、文句や愚痴ばかりで自分と向き合っていないと感じるものです。それは多数派の感情だと思うので、そういう言葉を発している人は暴落時は特に意識的に避けますし、そういうコメントをされることを嫌がります。

 
また私のブログには特に2016年前半の暴落時に攻撃的なコメントがありましたが、あの体験を経てからは、もうそういう人の相手するのを一切やめて即削除なりアクセス禁止の措置をとっています。直近でもライザップ祭りの序盤(1200→1000くらいの所)に変な粘着コメントがありましたが、完全無視でした。今後も常識的なマナー無視の時間泥棒の相手は一切しないと割り切っています。

 

 

音楽を使ったメンタル対処の話は過去に一度もしてないので、今回試しにしてみたら採用されました。ただ他人には伝わりにくい気がしますね。。決して明るい感じではなく、ものすごくドス黒い感情を浄化しようと努めている感じです。替え歌は実際に書いたりしてるわけではなく、心にあんな感じで思い描いて自分に言い聞かせているものです。

 
今回のロドスの話は実際去年の大暴落の時に書いてました(今コメント欄を見ると苦笑い・・・ラクトジャパンはこの日から4倍になってますからね。)
https://ameblo.jp/v-com2/entry-12130845677.html
そういえばロドスのセンターがダイヤモンドザイに新加入の入山さんなので、もしやこっちでネタにしてもらった方が面白かったかな??とも。

 
少しマイナーな曲に、暴落時の心境にぴったりはまるものが多いので、暴落時に聴いていると、打ちのめされているだけじゃなく、次に向かって立ち向かって行かなければというメンタルになっていきます。
この曲がなぜぴったりはまるのかというと、芸能関係もまた当然に不確実な世界なわけで、そういう世界で逆境に直面した時に、何をしなければならないか、どう考えるべきなのか、みたいなことを秋元さんが歌詞を通じてメッセージを伝えている曲だからと思っています。それが投資家にあてはめても、ほとんど同じなんだよな~と感じることが多いです。投資家は不確実な世界に生きているし、その不確実性のリスクを自ら取ることが最も大事な仕事です。

 

 

というわけでメンタル面をまとめると

他人の言葉をたくさん支えにはするけれど、自分を奮い立たせ、あくまで行動するのは自分という感じでしょうか。

 

この点、暴落時の多数派にありがちなのは、現実を受け止めきれずに思考停止になてしまい「売った方がいいんでしょうか」「買った方がいいんでしょうか」などと他人に判断を頼っている印象があります。それでは成長しません。どんな時も最後は自己責任で行動することを意識していなければならないと感じます。普段からもそうですし、暴落時はなおさらです。
こういったことを伝えたかったのですが、厳しすぎるか面白みに欠けるかな。

 

どんな時も自分で実施した投資は200%自己責任です。
それはいつも変わらず言っていることです。

 

Speak Your Mind

*