RIZAPグループは予想通りの株価対策で東証1部へ準備万端か・・優待利回り&優待商品倍増コミット

減益決算になることは概ね分かっていたので、株価対策をぶつけてきたら面白いんじゃない?と以前に書いてた通りの結果となりました。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120170809452357.pdf

最高144000円の優待。。。
https://ameblo.jp/v-com2/entry-12286542215.html
以前ここで書いてましたけど、総会で社長が言い間違えた(?)分割という言葉は、やっぱり意識してたのかなと思ってしまう。
なぜ今やるのかは、1部行きが近いから、減益を誤解されたくないからの、いずれかまたは両方か。
(繰り返し書きますが、流通株式の観点から、東証に行くには同時に増資発表が必須です。分売でも行けるが分売はもうないと思う。)

 
決算に関しては
・そもそも1Qは広告宣伝や先行投資で利益が出ない傾向
という点を忘れてはいけない。
その他の収益を除いたら赤字だろとか叩く人がいるのでしょうから(苦笑)

 

 

あとはいつも通り決算短信の文章を観察すると・・・

グループ全体として積極的かつ集中的な先行投資を行った
そんな言葉がある中で・・・
既存事業においては、主力事業である「RIZAP」が前期に引き続き業績を大きく牽引し、予算を大幅に上回る実績で推移しております。

そうだよね、個人的には1Qはもっと大きな減益を予想していました。
そして結論はこれなので、これがきちんと実現できるかどうかですね。

(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明
当社グループでは、第2四半期連結会計期間以降にグループ事業の拡大を大幅に加速させるべく、RIZAPイノベーションズを中心とした新規事業への集中的な投資及びM&Aで当社グループ入りした企業の業績改善に向けた投資等を引き続き積極的に行っていきます。
それにより第2四半期以降は各企業の黒字化を実現し、主力のRIZAP関連事業はもちろん、その他グループ全体の大幅な業績向上を見込んでおります。

 

あとは説明会動画を待ちます。

ここまではどう見てもポジティブな材料です。

 

 

 

Speak Your Mind

*