部留保が話題・・・2冊目の本に書いたことですね

ツイッター等が色んな解説があって面白いかも?
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E5%86%85%E9%83%A8%E7%95%99%E4%BF%9D&ei

 

犬次郎さんもそういうことですよねってのを表現してて面白い。

設備投資に回しても内部留保は一切減りません。
http://kabuinujiro.blog.fc2.com/blog-entry-566.html

 

 

万が一にも「過去の蓄積」である300兆円に2%課税したら、企業にとってはその期の利益が6兆円減るってことになるのでしょうか?
上場企業全体の純利益合計は20兆円強くらいでしたっけ?
純利益がマイナス30%になるから、株価は大暴落ってことなんですかね?

 

そんなことだけふと考えました。

(正確な検証はしてませんが大ざっぱでいいんです)
「何十年もかけて蓄積してきた金額」に対して課税したらそういうインパクトになるよねって印象です。
恐ろしいことです。

 

企業からぶんどるってことは、企業の利益を減らすってこと。
良いか悪いかは別として、その事実は認識してないと。

損益計算書と貸借対照表のつながりが分かっていれば、色々なことが徐々に理解できると思います。

 

なお、利益を減らさずに内部留保を減らす方法は配当と自社株買いしかありません。
内部留保をどういじろうと賃上げのインセンティブにはならないと思うのです。

それでは希望がないというのなら、賃上げを期待するんじゃなく、働き方改革で昔より残業減となった分、副業をしたり、投資の勉強をして株主側の世界に来るのが若者向けの希望の描き方かなと。最初は小さくても、自ら稼ぐ経験ってものすごく大事です。

 

Speak Your Mind

*