堀田丸正が上方修正・・・・即シナジー実現でXデーが近づくのかどうか

平成29年6月にRIZAPグループ株式会社の子会社となり、平成29年7月に百貨店取引を中心とした婦人服を扱う馬里邑事業部を新設したことに伴い、洋装事業の売上が大きく拡大した結果、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益が当初の予測数値より改善したことにより修正をいたします。

 

通常のM&Aではシナジーはそんなにすぐに出るものではないですが、堀田の場合は翌月から出たということですね。
四季報のコメントだったり、1Qで在庫を大きく増やしていたことから、個人的にはある程度早い段階でシナジー出てくるとは想定していました。売上がこれだけ伸びるのは大きい。

・13日に通期の修正を行う見込み
・それは当然に黒字拡大が見込まれる

・黒字が確実視される段階になれば優待変更の可能性が極めて高くなる(2Q時か3Q時かは不明。いずれにせよ縁の切れたヤマノの優待は変更する必要)
・堀田はライザップアパレルの中核を担うと何度も発表しており大きな成長戦略と資金需要がある
・今後の増資のためにはマルコやイデアでやったように株価を上げなければならない

だから堀田丸正を先月買い戻していました。
とはいえ今までの経験からの妄想に過ぎませんので、2Qで期待外れが出ると暴落するのがいつものパターンです(あと3か月待てばいいのに)。そういうリスクを負ってるのを理解したうえで買うならいいですけどね。

 

Speak Your Mind

*