IPOプレミアグループに当選・・・・評判悪だが業績や配当だけ見ると意外と。。。

12月の当選はこれだけでした。
需給最悪で公募割れと言われてますけど。

 

 

ただファンダはむしろ良さそうに見える。一方でIFRSによるお化粧がなされてるという印象で複雑です。

 

 

・配当性向40%目標で当期は期末一括と書いてあるので85円配当くらいあるのかな?
・半期の業績進捗率も結構よくて、季節性をそんなに感じない業態。
・クレジット債権残高もすでに目標数値に届いている&それに応じて売上の伸び率もそれなりに。

ここまでが一般的な感覚。

 

 

落とし穴はその他の金融収益(デリバティブ評価益)が3億もあり、一過性に見えること。IFRSだから中身を見落としがち。もっといえば、IFRSでの上場にありがちな非償却のれんと無形資産の大きな会社。お化粧されてることは割り引かなきゃいけないのだけど、世間はそこまで考えるのかというのはある。

 

 

「来期増益増配」なら買いでいいのだろうけど、特殊要因加味して増益できるのだろうか?成長力とリスクがまだよく分からない。

 

 

ファンドが大株主で残っているなら、高配当か優待で釣った上で1年後の1部行きも普通にありそうだとか良い方に考えちゃいますけど、はたして1年後どんな結果になっているのでしょう?

(あまり初値がどうなるかには興味ない)

 

 

実の所、初値が跳ねないIPO銘柄のが好きです。本来はそれがマトモな状態だと思うので。過去もMS-Japanなどが大きな成果をあげてくれました。アビストも長く公募割れ状態が続きましたが4年後の今は超優良成長企業で6倍株になっています。

 

 

Speak Your Mind

*