高田機工が圧倒的なストップ高・・・・頭の切り替えの難しさ

高田機工はPTSの流れ通りストップ高比例配分ということになりました。唯一の課題は、あの上方修正を見てPTSでさらに買うかどうか迷って買わなかったことですか。買えるチャンスは結構あったのに、自分の買値と比較してしまい躊躇したこと。なかなかこの一瞬のうちの頭の切り替えは難しいものだなと実感しました。
こうして時間が経つと、だんだん4000円台が安く見えてくるんですよね。
他の銘柄でもよくある話です。毎回が経験値になります。

 

今日は安田倉庫が急騰していましたが、こちらは典型的な資産株になります。
・賃貸不動産の含み益
・ヒューリック株の含み益
それだけで時価総額を超えてる会社でしたね。

昔、ヒューリックを保有してたことから知った銘柄で、2016年の初め頃に買って、含み損の時期もしばらくありましたが復活してきました。
優待を頂きながらとことん何かが起きるのを待っていられる銘柄です。名脇役という印象の会社ですが、時々なにかのきっかけで主役に躍り出る所が株式市場の面白い所。一瞬高騰したとはいえPBR1倍超えるくらいのお祭りにならないと手放す気にはなれません。

 

 

 

Speak Your Mind

*