SFPホールディングスが公開買付で自社株取得・・・東証1部昇格が急接近か

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120180118452556.pdf
仮に何の説明がなくても、SFPの株主なら流通株式比率の事例ということを一瞬で読み取らないとという事例です。現金そしてEPSやROEに与える影響と、流通株式の点で東証1部昇格要件を満たすことが読み取れます。でもすごく丁寧に解説してくれてる開示なので勉強になるはずです。

(流通株式比率は1冊目の本、自社株TOBの影響は2冊目の本に記載してあります。)

 

 

SFPの将来シナリオとしては株価がある程度高くなった所での親会社クリレスによる売出をずっと想定してきました。しかし、自社株買いで対応してくれるならば
・親会社(単体)はM&Aのための資金を得られる
・SFPは余剰資金を圧縮すると共にEPSやROEの向上につながる
・SFPは株主数を激増させずに需給も悪化させずに東証1部昇格要件を満たせる

 
また、自社株買いと増資は正反対の資本政策ですので、今回の自社株買いにより昇格時の増資(もちろん売出も)の可能性が極めて小さくなったと解釈しています。

 

 

もともと優待だけで買える会社でしたので、次のステージへそろそろ向かっていきましょう。
(クリレスとの優待共通化という最後のカードは切らないまま行ってしまうのかな?)

 

 

なお、クリレス側に連結上の特別利益は出ない(個別のみ)と理解しています。

 

 

Speak Your Mind

*