柳橋さんのIPO書籍を読んでみました・・・・評価は分かれそうとアマゾンをのぞくとその通りだった

個人的には良書に感じます。一気読みしました。
私にとっての良書の定義は発見(気付き)がたくさんあることです。

IPOは片手間に申し込んでいる程度ですが、最初のプライマリーの知識面は過去の経験からほとんど身に付いていました。日々の知識吸収の方向は比較的正しいのかと確認になりました。

セカンダリーの話は、知っている部分もそれなりにありましたが、なるほどそうだよね~と思う所がたくさんありました。

 

ただし知識を「知っている」ことと「実践できる」ことは別物。
この差を埋めるために、実際に自分でやってみて腑に落ちる所までやらなきゃ意味がないと理解していなきゃいけない。これはどんな投資本でも同じです。
投資手法の上辺を知っているだけでは実践できないのです。

 
自分なりに実践しながら市場を観察していると、本の内容はそういうことかと「気付き」がたくさんあって、例外ももちろんあるんだなと分かって、だんだんに実践できるようになるもの。そういう意味では「誰でも」は実践できないのでしょうね。そこは自分の力で乗り越えなきゃいけない所。

 

そして、自分に合っている手法じゃないと継続的にはなかなか実践できない。
私も短期投資は向いてないので、おそらく継続的に実践できない。
私の場合、マザーズのエレベーターより東2の自動ドア(フルテック)が向いていると自覚していますので。。。

 

でも、自分に投資に使えるよい所は、これからも吸収していきたいと思います。

Speak Your Mind

*