昨年は最高レベルの利益も今年はワースト貢献・・・・堀田丸正のその後

堀田丸正はずいぶん色々あったように思いますが、まだR傘下1年未満だったんですね。

 
過去の売買をざっくり振り返っておくと
・180円前後での大量買い
・400円程度で4割売り
・700円に向けたお祭りで売り切り
(平均売値は600円くらいだと思うので約3倍株。ここまでは非常によかった)

 

 

 

・400割れて買戻し開始
・全体の暴落時に300前半で追加買い
そして、優待拡充発表も(皆さまにとっての)期待外れで大暴落180円と今年のパフォーマンスに逆貢献中。

 

 

 

いつぞやのコメント欄だったかで、180円まで戻ることも覚悟の上で投資していると自分で書いてましたが、実際にそうなってしまい、お帰りなさいという最近です(文句は全く出ないが、ため息は出る)。

 
優待拡充の方向性は特に間違っていなかったものの、もっと大きな優待期待込みの株価であったということですかね。そして全体相場も悪化したことで、皆さま次回まで待つ気もないと。実際に体験しないと実感できない貴重な経験になりました。

 

 

 

過去のマルコの最初の優待新設(期待外れ)時は、もともとそこまで期待されていなかったので大きくは動かなかった。そのため、その後の優待拡充で大化けしてくれました。

 

 

堀田の場合は期待先行があり、現状でかなり期待が剥がれた状況ということですが、次の優待拡充はいつになるのかは先行投資も含めた業績次第。そこに期待するのかどうかですね。私の場合は何年でも待てますが。

 

 

 

現状、後半戦は明らかに失敗なのですが、前半の利益分を超えないように再投資しているので、既に実質タダ株ではある。良かった所はその資金管理の面くらい。

 

 
こうした(比較的投機枠な)銘柄は最初から心中覚悟で分散投資しながらやってますのでタラレバの話はしませんし、良い時も悪い時も同様に受け止めています。。

 

 

 

 

Speak Your Mind

*