自分にとってIPO抽選の世界はいまだ宝くじのようなもの

決算シーズンに突入していますが、増配銘柄が目立つ印象です。
多くの日本企業は長らく配当性向が異常に低かったと認識していますので、近年の企業統治改革などにより株主還元重視が強まり、そこの改善が継続的に進むというシナリオを持っていますので、企業が応えてくれていて嬉しい限りです。

 

IPOエヌリンクスは初値2.1倍と20万弱の利益でした。
IPOの初値がぶっとんだ挙句、異常な初値天井になるのは制度設計なのか価格設定なのか投資家の意識のどこかに問題があるように長年思います。なのでIPOは宝くじとして申し込んでみるだけというスタンスを続けたいと思います。500回だか1000回に1回当たれば十分という思いで。もちろん、高値に見合うだけの素晴らしい成長をしてくれる会社がたくさん出てくればそれが一番良いと思いますが。

 

自分がやりたいのは基本的にはトレーディングではなくインベストメントだということ。トレーディングをやりたい人はそれを追及するのも悪くはありません。

Speak Your Mind

*