郵便物大量の月ですね・・・・株主総会招集通知

今は株主総会招集通知がポストに大量に届く季節です。
家族分もある人は数倍増しですね。

 

 

毎年よくある意見として、こんなの見ないし紙の無駄だから送るなっていうのは、気持ちは分かる部分もあるのだけど、ちょっと違うかなぁと。企業としては報告の義務があるし、株主なら見るのが当たり前の前提でしょうから。
イメージとしては学校の通知表みたいなものでしょうか。

 
ただ、招集通知のB/SやP/Lって簡素過ぎてあまり役に立たないと感じるので
決算短信と共通化しちゃえばいいのにとかはよく思っています。

 

 

何で違うかって、法律が違うからってことなんですけど。
https://globis.jp/article/5294

 

 

https://keiri-soumu.jp/keiri/article/basics_of_keiri_and_difference_of_statements
招集通知は会社法の「計算書類」っていうくくりで用語も違って何だか面倒ではありますね。

 

 

共通化していこーって話もあるみたいで、実は決算短信のルールは徐々に緩和されてきてるんですね。
http://www.primejapan.co.jp/news/newscontents.php?id=166

 

 

・・・人によっては、ただの無駄な豆知識でした。
長いこと投資をやっていると無駄な知識も増えるのですが、こういうのはちょっと調べる習慣があると勝手に増えて行くので無駄とも意識してない。むしろ1度無駄な知識を身につけておくと、余計なことに振り回されずにすむので時間の節約になると思ったりもします。

 

 

例えば、招集通知の決算の数字は、事前に決算短信で見てるはずだから、大きな視点でざっと振り返るのに使うという習慣ができます。そして、決算短信で書いてなかったことが何か書いてないかな?という視点で復習のつもりでパラパラ見てるので、あまり時間も取られません。招集通知は電車の移動時間とかお風呂の時間とかで見るという習慣があります。

 

Speak Your Mind

*