マネー誌の記者さんたちは凄いんだなと実感した最近の話

https://twitter.com/homma11/status/1016897881490448384
これすごくよく分かります。

 

 

ダイヤモンドザイや日経マネーの記者さんたちが、どれだけ優秀で分かりやすく毎回仕上げてくれるかを過去何度も実感しました。何十回とやりとりさせて頂くと、それが当たり前になってきますが、意外と凄いことなんだと時々気付きます。
実際これが一般誌になると、仕上がってきた原稿に対し、とたんに違和感を感じることが多数ありましたので。

 

 

それで、もうすぐ色んな投資家を紹介する某書籍が出るようなのですが・・・・それにまつわるお話。依頼時にこちらから提出した原稿は、先日のマネックスの取材時のものとそう変わらないのに、初校を見た時、どうしてこんな仕上がりになってしまうのだろうという嘆きが。

 

 

こちらが言ってもいないことを多数加筆されていたため、v-com2さんの言葉ではなく、v-com2さんのふりをした他人が書いた原稿みたいに感じました(私のブログを長いこと見てる人が読めばきっと相当な違和感が)。もう掲載をお断りしようかなんて一瞬考えましたが、それも多くの人に迷惑がかかるのかと、必死で最低限のレベルになるよう修正を入れてみました。

 

きっと、作ってる側にそんな悪気はないんでしょうけど・・・・。
あぁ、これがそういうことなのかと上記ツイートを思い出したわけです。

 
なんでここまで原稿の添削しなきゃならないんだ!という嘆きを実際に味わいました。

さて、最終的にどんな仕上がりになるのでしょうか。
他にも著名な人がたくさん出てるんで、そちらの仕上がりも悪い意味で気になります。
こういう不本意な仕事は今後したくないです。

 

 

ただの裏話です。

もしかしたら、ざっと読んでる方はそこまで気にしないのかもしれませんけどね。

実際、今、再度流し読みをしてみたらそこまで極端なマイナスの感情は湧きませんでしたので。

 

 

でも、記事にしろ書籍にしろ、自分の意思を勝手に捻じ曲げられたように感じると、とても抵抗したくなるものです。編集して分かりやすくする必要性は分かるので、それは作り手との相性みたいなものでしょうか。こちらももっと分かりやすく伝えられるようにならねばなるまい。

 

 

Speak Your Mind

*