日経マネー10月号に掲載されました・・・今回も異彩

日経マネーでは今後の見通しについてのアンケートに回答しています。

できるだけ他の人とかぶらないよう狙って書いてたら、枠外に掲載されている回答が複数・・・。

 

 

年初より厳しい環境を想定しキャッシュ比率を高めて2018年に入ったわけですが、1月の急騰に惑わされ、2月の急落に惑わされ、8月のじり下げに惑わされております。いつも悩みは尽きないが、その与えられた条件の中でどう行動するかを決めていくしかないですね。すべて自己責任の世界ですので。

 

 

今日はある人の発言でKDDIが急落してますが、仕方ないので進捗が遅れていた自社株買いのチャンスと捉えてます。なお、消費者には既に格安スマホの選択肢があるので、それほど不当な料金設定にはないと感じます。

 

 

現状、自分では楽天モバイルにしてますが、時々つながらない点を除けば料金は十分満足。キャリア参入を機に値上げしようものならUQに変えようかななどと。

 

 

 

ちなみに孫社長の決算説明会議事録などにこんな発言がありました。

たしかに品質やデータ通信量も含めて比較してみてほしいものです。

2018年

孫社長 実際に米国で携帯電話事業者を経営している立場からすると、日本の通信料金は米国とくらべて随分安いと思う。米国大手のAT&TやVerizonは(日本と比べて)はるかに高い料金ではるかに(品質面で)劣ったサービスをしている。日本(の携帯電話事業者は)はるかに高品質なサービスをはるかに安い値段で提供していることが事実だ。

 

 

2014年

「日本はこの6年間でデータ通信量が伸びている。1ユーザーが使用するスマートフォンのデータトラフィックは、いまやアメリカの3倍近い、という調査結果もある。少なくともソフトバンクでは1000倍に増加した。それにも関わらず、利用料金はアメリカよりも安い。これが事実です。総務省のどなたかが日本の携帯電話の利用料金は高いとおっしゃっているのなら、まったくの勘違い。とんでもない事実誤認。即刻、訂正していただきたい。日本は、LTEの通信速度と人口カバー率が世界一というレベルにあるにも関わらず、利用料金はアメリカよりも安いんです」。

 

Speak Your Mind

*