バカとつき合うな

ホリエモンの本はたいてい読んでいますが、最近は出版社か編集者の手抜きの本も増えてるなぁと感じていました。今回の本は久々にうまくまとまった本だと思います。この二人は実のところ結構やさしい人たちというのは常々感じますので、厳しさの中にやさしさがある、そういう所がよく分かる本です。
バカという言葉だけに過剰に反応してしまうと読めない本です。
だから逆に、いたるところにバカバカと重ねて書いているのかもしれません。
珍しくアマゾンの評価が圧倒的に高いのもうなずけます。

Speak Your Mind

*