日経マネー10月号に掲載されました もともと「プロ」はあまり信用していない

別冊付録の「億万投資家の戦略に学ぶ 年後半の稼ぎ方&波乱相場対策」において、暴落相場の際の対応などについて掲載されています。

 

 

ところで日経マネーもザイも10年以上読んでいますが、毎回のように思うことが1つ。アナリストなどいわゆる「プロ」と肩書がつく記事が役立ったと思えることが極めて少なく、個人投資家に焦点を当てた記事に発見が多いということです。

たぶん自分が目指す投資との相性の問題なのかと思います。

(価値観が違うというだけで批判しているわけではない)

 
ただ、プロの記事は、記事を作るためだけに無理やり論理構成しているような違和感があることが多い。その点、実際に投資しているであろう個人の記事が役立つというのは当然かもしれない。その個人の資産規模に関係なく発見や共感があることが多いから。

 

 

雑誌と関係ないですが、ゆうちょとか野村證券の人は投資信託等を売りつけるプロとしか思ってないので、昔から信用していなかったなと。なので、銀行や郵便局の人を信用するとかいう発想がそもそもないのであります。利用するなら対等な取引相手というだけ。

 

 

 

タカラリートを売却完了 やはり権利直前の公募増資きたー

・先日の上方修正時にも書いた通り、分配金大幅増は公募増資の布石と最初から考えていた。
・予想以上に極めて短期で大きく値上がりしており絶好の売り時に思えた。

 

 

今月の権利直前に90%くらいの確率で公募増資があると考えていたため、値上がりの勢いにすごく悩みながら少しずつ半分まで売り、なんと本日残りを一気に売却完了した所で公募増資発表・・・。

 
実の所、最後はNYダウの爆下げをきっかけにして気分的に売らされたというのもあります。
(もう少しキャッシュ作りたいけど、今売りたいのは公募増資がドカンときそうなタカラリートしかないんだよなぁと)
ですが、結果的に絶妙なタイミングとなってくれました。

 

もちろん増資があったから値下がりするとは限りませんが、最高値圏で120億調達とかなり大きい印象なのでよかったかなと思います。
(先日のCREの増資は30億調達と小さめだったので予想外に上がったが)

 

 

ちょうど1年前の夏、REITとしては初めて主力級になったタカラリートは9万弱で買い、分配金と優待を頂き、13万前後で売れたので1年で+50%程度と出来過ぎだった。優待銘柄とは極めて相性がいいですね。

 

 

細かい失敗も多々ありますが、時々訪れるこうした幸運を味方に、厳しい環境でも頑張って参ります。

 

ダイオーズ50周年 1Qは計画比大幅上振れ好決算スタート

(日本部門)
営業日数が対前年同四半期比で3日少ないことから固定経費比率が例年よりも高くなるという現象の下で利益確保の下振れ要因が発生しました。それでも3期前より本格的に取り組んでまいりました製造物流拠点や営業拠点の見直し政策により配送効率が上がり、ここ数年間上昇一途である物流費用高騰への対策が効いた事、電子化による営業関連事務作業の簡素化等のコスト削減策を確実に遂行させた事に加え、新規営業社員の生産性が年々向上している結果、当第1四半期の営業利益は、前年同四半期期比4.1%増の2億78百万円(期初計画比204.6%)と期初計画を大きく上回る好結果となり、第1四半期における過去最高益を更新しました。

 

 

(米国部門)
米国部門としての営業利益は前年同四半期比13.1%増の1億28百万円(期初計画比116.6%)となりました。

 

 

1Qの計画比を文章中に掲載しているのは珍しいですね。調整額を一定として計算すると、1Q営業利益の計画はだいたい2億円ちょいくらいだったのかなと。すると80%上振れとすごい決算であることが分かります。
ダイオーズの傾向として、決算短信の文章は担当者が自力で書いてる感があり、ちゃんと読むと良い情報が隠れてることが多いです。

 

 

優待拡充により家族株を結集し、今年は初の1000株優待を頂く予定でおります。

総会で頂いたお土産よりも豪華で色々な種類があるといいなと。

杉田エースの優待イザメシ到着 今年も家族全員違うものが届いた

昨年から選択制でなくなった杉田エースの優待ですが・・・
今年も優待セットA・B・Cとそれぞれ違うものが届きました。
半分以上は食べたことあるような。

 

 

同一住所は種類を変えてくれているのが明らかになったようです。
保存食が毎年定期的に届くのは嬉しいものですが、放置すると積み上がってしまうので、毎年前回の備蓄を取り崩しながらですね。

 

 

なお、同じ保存食のサンセイランディックのパンの缶詰は10月頃に送られてくるようです。

本日よりセブンイレブンで101円以上の買い物すると毎週100円×3還元×5週間

PayPay・LINE Pay・メルペイの合同キャンペーンが始まりました。
コンプリートしても1500円還元と金額的には小さいので、毎日の散歩ルートにセブンイレブンを組み込んで、ちょっと食べたことのないアイスや飲み物でも色々試してみますかという感じで利用します。

 

 

ちなみに今までPayPayだけでも還元された金額は累計3万円弱です。
たいしたことないとも言えるし、金利で3万円稼ぐのは大変だよねとも言える。

元々たまっていたヤフーマネーがPayPayに変換されたことで、ガンガン日常生活に吐き出されました。

 

 

いずれにしても、優待生活と同様に、楽しんで適度に習慣として利用する分にはよいのではないかと。これが苦役になってきたらやり過ぎですが。

ライザップ1Q営業黒字転換にカドカワ好決算で爆上げ

ライザップ1Q黒字転換でした。

1Qは毎年先行投資が大きな時期で赤字傾向でしたので、引き締めに転じれば黒字は出るだろうという、概ね昨日の予想・期待通りの流れでしたので満足です。
久しぶりに強気の文章が見れて嬉しい限り。
「営業利益は・・・計画を上回り推移しました。」

もうわずかな持ち株でありますが楽しんでまいります。

 

 

本日はウチヤマの動きが面白かったです。
前提として、1Qに不動産売却で多額の利益(いちおう本業なので売上・営業利益計上)が出るのは事前の開示で分かってました。
分かってたはずなのに、それでも見た目の数字だけで好決算と見た人がお昼から飛びつき(PTSは高値615S高)思ったほど上がらないので損切りマイ転みたいな動き。色々考えさせられる動きです。これを利用したいとかはあまり思わず、あーここしか見てないんだろうなぁという心理が分かってしまうのが面白い。

 

 

ツツミが優待拡充してました。
好影響は限定的かと思いますが、色々還元しようとはしてくれているようです。

 

 

カドカワが爆上げとなりました。
今まで低迷時は散々な言われようでしたが、そんな時に仕込んでおくと意外と評価が一変するものです。この夏はカドカワの小説を色々読んでます。

 

 

 

ライザップ子会社は順調に1Q通過ではたして親会社は

前期にあれだけ膿出しをしたら、数字上はそれなりにいいものが出てこないとですよねという印象の決算でした。

 

具体的に、例えば巨額の減損損失を出すと次期の減価償却費が減るという効果は自分の本に書いてますが・・・・ そのほかにも、ワンダーの滞留在庫のCDを原価1円まで評価減して前期に巨額特損を出し、当期に特売500円で売ったら499円の利益が出るみたいなことも理論的には可能かもしれない。そうした積み重ねがあるはずなので、当期に利益が出なきゃいよいよ致命的になってしまいます。今回は各社結構改善していたので本当によかった。

 

親会社の方も無茶な出店と過剰な広告を抑えるだけで、ある程度利益を出せてキャッシュフローも安定してくる(ただし成長は当然落ちる)と思うのですが1Qを見てみないとですね。例年と異なり「先行投資を抑えて1Q黒字」を予想・期待しますが、黒字だから株価が上がるというわけでもなさそうな。

再びセブンイレブン店頭受け取りで本が40%オフくらいに

オムニ7で再び20%還元(8/18まで)が始まったようです。 ・メルペイ、PayPayとの合わせ技で7月キャンペーンで結構本を買いましたが、まだまだ行けそう。 ・セブンミールでお弁当を店頭受け取りで買うのもよいでしょう。   本を店頭受け取りで頼むとポカリをもらえるキャンペーン、文庫ポイント5倍、ポイントマンデー、本のレビューキャンペーンなどもやっていますので、三重取り以上も容易にできるかもしれませんね。   久々にポカリを飲みました。イオンウォーターがさっぱりしていて好きだな。

DDホールディングス株式分割+優待拡充で利回り倍増・・・・大暴落買い第1弾の朝

いつものことですが、買いに行くのはこういう精神的にしんどい日です。
連日下げた後の、NYダウ-767.27

 

ここで7月に売っておいた分のキャッシュが役に立ちます。

今朝はJALなどを大きく買ってみました。

まぁ既に多少は持っていたけど、この前工場見学もあった縁みたいなものもあり、決算の見かけが悪かったとか、来月権利だとか色々な理由がありますが。

 
一方で、値持ちのよかったものが多少逆指値で売れてたりもしました。
予想以上に反発してくれたので、まずはよかったです。

本音としては落ち着いて行ってほしいですが。

 

 

 

それにしても忘れた頃に定期的に優待拡充してくれるDDは素晴らしいですね。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190806483341.pdf
文句のつけようがありません。
(何で拡充しないんだと自己都合で文句言ってる人を前によく見たが、ここほど毎年のように還元してくれてる所はない)

既にタダ株残しですがありがたいです。

本物の1億円を手にした反応は・・・・夏休みのマネー教育りそなキッズアカデミーに参加してみました

子供のお金の教育は手探りですが、体験できるものは積極的にやってみようという感じで行ってみました。今回は低学年向けのやつだったせいか、やたら記念写真を撮る時間が多かったり、親としては何か違うかな~という印象もありましたが、まずまず楽しんでくれたのはよかったかなと。

 

 

グループになってお買い物ごっこやクイズ程度なのは若干だらだらしている感じ。想定よりできる子が多いのか、あっという間に終わってしまうグループが多い。一方で、銀行内見学では支店長席に座らせてくれたり、貸金庫を見せてくれたり、本物?の1億円を抱っこさせてくれたり(約10kg,子供のみ)、そこでしかできない体験もあったものの、流れ作業になってイマイチ響いてない印象。
1億円の現金の重み、1度は感じてみたいですけどね。
現金だと100万円程度しか持ったことがないように思う。

 

 

各支店の若手が中心になって運営しているようなので、不器用な感じでありますがこれは仕方ないか。また来年は別の支店に行ってみようかなぁと思うのでした。

 

 

おみやげは結構豪華で、スポンサー企業の食品などをたくさん頂けました。