オリバーが優待拡充+増配・・・・株価対策の先にあるものはいったい。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190301484812.pdf
オリバーはタイミングが悪く微妙に含み損銘柄ですがクリスマスの暴落からはだいぶ復活しています。過去の暴落もそうですが、地方市場その他の流動性が問題になる銘柄は暴落時が絶好の仕込み時だったりしますね。売りたい時に売れないからリスクが高いと言われますが、そういう発想はあまりない。そもそも暴落時に売ったりしないし、むしろ買いチャンスがあるので、リスクの裏には大きなリターンが見えることがあります。

 

オリバーはもともと配当性向が低かったこともあり、これが東証行きを絡めて変化することを見越して買いました。

流れとしてはまずまず読み通りになっているので、含み損だろうが満足はしています。今回の株価対策は、なんとしても時価総額250億以上にしておきたかったとも推測できますが、東証の制度変更もどうなるか分からないので、東証行きに関しては不確実性が高いです。

 

東証は時価総額で東証1部を再編するなら、昇格は500億(現状40億か250億)、降格基準を250億(現状20億)にすれば多少の中小型株は救われるかなと勝手に想像したりしている最近です。これなら、もしオリバーが滑り込みで1部に行ったらギリギリ救われるんだけどなぁと。

 

いきなり再編降格ということはなく、何らかの時限措置があると思われますが。

 

 

Speak Your Mind

*