ひとり働き方改革を何年も実行してみた結果・・・有給休暇は完全消化を目標に

そういえば働き方改革で有給休暇が義務化されたそうですが、5日じゃまだまだ。。。
個人的には何年も前から有給休暇完全消化を目標にしてきました。
年間20日も消化するのは結構大変です。雰囲気的に取りにくいという意味も多少ありますが、仕事に影響を与えずに調整して計画的に取得するのが、本当に真剣に考えないと難しい。
しかし、有給休暇の権利が消滅したら負けというくらいの気持ちでやってきたつもりです。それは、日本の有給取得率がぶっちぎりで世界最下位などという恥ずかしいニュースに反発したものでした。自分が率先して休んでも何も変わらないかもしれませんが、下の人は休みやすくなったりするかも?などと。
昔は上司に直接申請しなければなりませんでしたが、やがてメールでの申請が可能になったり、近年はオンラインシステムでの申請が可能になり、かなり楽になったものです。結果として、直近10年で8回くらいは達成できたと思います。

 

本当に時代を先取りした少数派になるためには育児休暇まで取得できたらよかったのですが、当時はまだそこまでこだわっていなかったので、出産時の特別休暇くらいでしたでしょうか。

 

資産形成が進んでくると、会社での評判?評価?などどうでもよくなるので、無意味な遠慮をしなくなります。その方が意外と仕事が効率的になり、かえって良い方向に行ったと個人的体験からは思うので、社会全体が良い方向に変わって行って欲しいと思います。

 

仕事をしたい人は無理に休まなくていいですけどね。以前、転職するのに有休消化せずにギリギリまで働き続けた人も見ました。こういうのも本人がやりたいならいいと思いますが、義理でやっているのだろうかと複雑な思いでした。

 

Speak Your Mind

*