【長瀬産業メモ】米プリノバを680億円で買収 「200年企業」への一里塚・・・優待株としても上々

https://maonline.jp/articles/archive_nagase2019

プリノバの2018年12月期業績は売上高841億円、営業利益45億3000万円、純資産96億円。

680億で買収ということは、のれんが約600億の20年償却とすると年間30億償却?
営業利益に対しては約15億のプラスインパクトなどと概算。
(資産査定や償却年数に応じて厳密には異なる)

のれん償却不要のIFRS導入は検討中であり、可能性は比較的高い。

 

・2020年業績予想は慎重予想と説明会資料

・9月までに買っておくと、3月優待は半年継続保有でカタログ3000円、3年後には5000円相当で利回り十分

・海外売上比率が比較的高く、株価は市況に影響されやすい印象。業績への影響ははたして・・・。

・ダイヤモンドザイで総会お土産No1にも選ばれていたような。今年は?

 

 

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【8月8日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【8月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【8月15日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*