大量の決算メモ

大量すぎるのでメモ程度に。

 

・マルコ
上方修正で黒字化達成。1年後の復配と優待拡充期待は続く。来期は広告宣伝費を増やす見込みのため、どの程度の予想が出るのかは分かりませんが、1年目できちんと黒字化できたことは非常に重要。

 

・パスポート
在庫調整で下方修正もこの程度でよかったという印象。月次を見ているともっと悲惨な数字が出てくるかと思っていたので安心しました。
赤字の大部分は1Q(RIZAP取得前)の在庫評価損等であることから、ここからまずは黒字化に持っていけるか。
優待は結局現状維持しているのでしょうか?

 

・SDエンターテイメント
もともとそんなに期待してませんが下方修正の常連になってしまっていますね。。。

 

・RIZAPグループ
15日の決算ですが、マルコだけで3Qと4Qの比較で営業利益が10億以上プラス効果があり、予算達成は問題ないと感じます。むしろ上ブレでしょう。
問題の来期予想営業利益は110億~200億(負ののれん込みのMAX)の範囲で考えていますが、何が出てくるか分からない緊張感はあります。

 

・リソルHD
不動産売却があるから四半期ごとにぶれますね。特に問題なしで継続保有ですが、来期はなぜ営業外収益を見込んでいるか疑問。

 

・ユニバーサルエンターテイメント
ここの業績は全く予測できないので、悪くはない程度の印象。
純利益が妙に大きいのは海外の税金負担が小さいせいなのかよく分からない所です。

 

・ウチヤマHD
なつかしい名前ですが今年は3月権利を取っています。
カラオケと飲食は期待できませんが、ぼちぼち業績も株価も底打ちして介護メインで伸びてくるといいなと。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

ヴィアHDの優待が2倍増しに・・・・・しかし半額券に・・・・・1年後から

60%は3月の権利直前に売って、すかいらーくなんかに回したので、少し救われた気分です。しかし残り40%もまだ結構な金額なので痛い。

 

半額券というとVVが思い出されますが、あそこは-20%超のS安で寄り付きましたね。

 

ヴィアの場合は
・金額が2倍になることから優待価値の下落幅は緩やかなはず。
・次回9月権利は今の金額のまま。
・交換商品は現状維持から少し下くらいなのかと予想(2倍の枚数必要になるくらい?間違っても倍もらえるなんてありえない。)

 

ということで下げても10%(1000割るかどうか)くらいじゃないですかね?甘い?

PTS始値で指値したら少し買えてましたよ。

 

比較的うまい改悪方法だとは思いますが、せっかく異常高値の株価なんだから、中期計画をエサに増資してあと5年くらい維持してもよかったんじゃないかな、とも。
終わったことは仕方ないので、大量の決算読みますか。

 

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

 

南陽は50円超の配当で順調増・・・・決算シーズンの中で

超主力の南陽は決算と業績予想がどうであれ、2期とも50円以上の配当を出してくれたら合格点と思っていました。53円、51円ということで十分満足ですね。業績予想は売上の割に利益堅めに思えますし、あとは着実に東証に来てくれれば2000円は遠くなさそう、という願望。

 

決算をまたぐとたしかに今日の日本商業開発とかヴィンクスみたいなことになることもありますが(2社とも保守的に見えるが仕方ない。)・・・・
数年前に決算を避けて売ってしまった銘柄なんかを見ると、着実に成長している企業が多いなぁという印象です。

 

おそらく長い目で見れば決算前後の思惑は誤差にしかすぎません。

そう言い聞かせてはいても、どんな数字を出すのかはちょっとドキドキします。15日まで楽しみは続く。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

 

ダイヤモンドオンライン連載7回目・・・・コロワイドは無事に決算通過

http://diamond.jp/articles/-/127170
今回はIFRSのお話です。
本で取り上げたことに加えて、MBO再上場案件についての問題提起をしています。

 

なお、すかいらーくについては以前に書いた通り、1度ファンドが売ってきた所でMAXまで買い増ししています。今後追加での売出が想定されますが、個人に売るだけじゃなく、企業が引き取る可能性もなくはないかなということで。

 

もちろん、売出でどう需給やEPS等に影響を与えるのかは、本を読んでたらパッと3つの視点が浮かぶはずですよね。仮に第三者が引き取ったらどうなるかもきっと応用で分かるはず。

 

コロワイドの決算も出てましたが毎年のごとくV字回復で何より。カッパの上方と来期予想を見た時点で、あぁ大丈夫だなと想定できました。カッパにしても以前の下方修正時に赤字50億とかいうのを見るとえらいことになったと思うかもしれませんが、繰延税金資産の取り崩しが原因と分かっていれば、そこまで悲観的にならなかったはず。
繰延税金資産は少々難しいので本には掲載しなかった経緯がありますが、重要な論点です。カッパがしっかり黒字体質になればまた計上し、今度は大幅な黒字になるはず・・・。

ダイヤモンドダイニングが爆上げ・・・・目標株価が3600に変更だそうで

朝から異常な爆上げをしていると思ったら材料が出ていたようです。

 

いちよしが目標株価引き上げで3100→3600だそうで。昨日書いたばかりなのにいきなり引き上げですか。

 

DDを長年応援してることはブログ見てる人なら知ってるはずなので、まさか昨日の記事見て2500台で買いに行く人なんているわけないと思いましたが、はてさて。

 

ゆっくり評価されていってほしいものです。

 

あとは、ハブががっちりマンデー効果で上がってますね。先週の予告の時点からこっそり見つけてはいました。知名度と流動性がまだまだの会社はテレビの効果は絶大なようです。そういう先回りも未だにありといえばありかもしれない。

 

4月に半分約定(最高2149)してしまったので、複雑な心境ではある。仮に優待でてもお酒メインの所は行かないかもだし悩むなぁと番組を見ていました。

考えること、継続すること、それを習慣にすることが大事

RIZAPに関してすぽさんの所で熱い議論が交わされているのを拝見しています。
http://www.spotoushi.net/archives/70216884.html

8割くらいは知っている(決算説明資料を見てれば知っていなきゃいけない)内容ですが、ジムに通ったりしていないと分からない内容もあり大変有意義です。こういうのは結論を出すのが重要というわけではなく、考える習慣をつけるという点が一番重要なのかもしれませんね。続けることで、圧倒的に知識と経験が磨かれていくはずです。それは仮に今すぐ投資成果につながらなかったとしても、将来必ず報われる場面がめぐってくることでしょう。

ダイヤモンドダイニングが上場来高値更新中・・・・業績だけでなく今後も優待拡充に期待か

いちよしさんの目標株価は3100円だそうですが、万年超強気ですので参考くらいに。それでも上場来高値を更新中で2000円を超えてきましたので1ファン株主としては嬉しい限りです。

 

かねてよりゼットンの店舗で優待(DDマイルのみ)が使えるようになると言われていましたが、こちらもどんどん拡充されています。
http://www.diamond-dining.com/news/2017/04/24/6664
まだ全店舗ではないのでさらなる追加が期待されますね。
また商業藝術社の買収を発表したことから将来的に同社の店舗で優待が使えるようになることが期待できます。
http://commercial-art.net/shop
店舗リストを見ると大変魅力的ですね。

 

業績面ではゼットンの連結化と商業藝術社の買収に伴い、売上は500億円規模まで急拡大の見込み。利益がどこまでついてくるかにもよりますが、魅力的になる優待のためますます売れない株となりそうです。
(個人的にはいちよしさんの目標を超えるくらいでないと・・・)

本日発売ダイヤモンドザイと日経マネーに掲載されました・・・師匠の技術だけではなく心を学ぶ必要性

本日発売のダイヤモンドザイでは本の中の事例を取り上げて頂いております。日経マネーでは、先月号のお悩み相談で回答した「師匠を見つけること」を深く掘り下げて頂いております。

 

特に、みきまるさんとどう関わってきたのかですね。師匠と呼んでいた時代から既に、いずれは師匠を超えて独自の手法にたどりつかなければならないと思っていたという点が重要ではないかと。
相手が格上と思っていたとしても、無条件に相手を信じる「信者」になっちゃダメなんだよという思いが記事に書かれております。さらっと書いてありますが非常に重要なことです。他人の銘柄を真似する(時には真似される)のは構わないが、結果は何があろうと100%自己責任でなければならないと。仮に真似して失敗して、相手のせいにするなんて投資家として最低なので絶対にやってはならないとずっと思ってきたことです。

 

だから師匠が何を言おうと自分で考えてダメなものはダメだし、自分でもいいと思うものは自己責任で買うと、自分自身にも言い聞かせてやってきました。そうやっているうちに少しずつ自分に合ったオリジナル手法が生まれてきました。
そうしてたどってきた道は、振り返ると「守・破・離」のプロセスにそっくりだった。

http://www.la3-beam.com/contents/shuhari.html

という点もさらっと書いてありますが、これもムチャクチャ重要なことだと思います。
そして師匠からは銘柄とか投資方法をパクるだけじゃだめ。「投資哲学」のような根本的な投資に対する向き合い方も学んでこそ、自分独自の方法が次第にできあがっていくと思っています。それは記事に書いていなかったことかな。みきまるさんブログを参考にしてよかったのは、そういう投資への向き合い方も時々しっかり書いてあったことだと思います。

 

 

また、日経マネーではエナフンさんとすぽさんの対談がありました。この中ですぽさんがライフサイクルについて語っていて、おぉと思いました。私の本の90ページで説明していることと要点が同じだったからです。本の中でライフサイクルという概念を初めて見ると面食らうかもしれませんが、他の人がこうやって語っているのを見ると、どう役に立つかというのが少しずつ分かってくるのではないでしょうか。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

ダイヤモンドオンライン連載5回目・・・・・投資本の読み方もまた集めてみると面白い

白米さん、読んで頂いた後の感想もありがとうございます。
https://twitter.com/hakumai101010/status/854701947592495104
そういうことなんです。経験を生かせる場面というのはまさにそこですね。
https://twitter.com/hakumai101010/status/854703413321375744

 

satoさんもありがとうございます。
https://twitter.com/sato0199e/status/854612947909328896
(白米さんと同じことを言っているのが分かると思います。)

 

こうやって経験のある中級者~上級者の本の読み方・生かし方を集めていくと、活用できるであろう人がどういう風に読んでいるか、ぼんやり見えてくると思うんですよね。この本には知識面としての会計の解説はありますが、会計のお勉強のための本ではありません。それと株式投資をどう結び付けるかを目指した本なのです。

 

もともと評価は分かれると思ってましたが、良いと思う人と期待外れと思う人のどこに違いがあるのかを感じるのも面白いですね。事前の想像以上に生かせている人が多いと思うので、そこはとてもよかった点です。

 

ダイヤモンドオンライン5回目は利回りについてです。

http://diamond.jp/articles/-/125227

毎月分配型を好ましく思っていないことは昔も書いてたかな。

 

日利の話はすぽさんのトピックがきっかけになってますが、まだ一般人が知っているレベルではないと思うので警鐘を鳴らす必要性は高いかと思いました。

http://www.spotoushi.net/archives/68674882.html

あれはもう実質破綻状態なんですかね?

 

HYIP(High Yield Investment Program)と呼ばれるものは「投資」ではないと断言してもいいくらいじゃないでしょうか。投資家なら、お金を出した瞬間から即死リスク100%みたいな案件に1円たりとも預けてはならない。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/

 

本日の日経新聞朝刊に本の広告が掲載されました(売れ行き好調で増刷も決定)・・前作に続き嬉しいです

本日の3面に掲載されておりました。おぉ~。
(今週なのは知っていたけど、今朝なのは昨夜12時前に知ったので、気になって自然と早起き・・・・)
本の内容は向き不向きあると思いますが、これを機に好感頂いた方の感想をまとめておきます。皆さんありがとうございました。どういう読み方が向いているのか、多少の助けになればと。

 

「最強のファンダメンタル株式投資法」評判の要約内容

avexfreakさん
http://blog.livedoor.jp/avexfreak/archives/52182922.html
上級者の方に感想を頂けると嬉しいです。
IFRSのことを学び、IFRS投資法に生かすというアイディアが考えられますね。

 

失業マンさん
http://situgyouman.blogspot.jp/2017/03/book4.html
過去の電子書籍も含めて一番率直で深い感想を頂ける方だと思っています。
密度がすごい。と言って頂けたことが何よりです

 

kenmoさん
http://yuyusk.hatenablog.com/entry/2017/03/31/000732
本の内容と読者の価値観がばっちり合った方だと思います。
こばおさん
http://kobao-invest.net/?p=1269
「自分の頭で考えないと、株の世界では生き残っていけない」
その通りの強い思いを込めました。

 

上総介さん
http://blog.livedoor.jp/kazusanosuke10/archives/49813883.html
数百冊の投資本を読んでいらっしゃる上級者の方に、他の本で書かれてないものが多いと言って頂けたのが嬉しいです

 

ツイッターより
https://twitter.com/ogikubotrader/status/850333295715860480
そこまで評価頂けると恐縮です。
これもピタリ相性が合った例かと思います。

 

IPOキムさん
http://deskpower.blog80.fc2.com/blog-entry-7757.html
「実践するにはやはり経験が必要ですが、先に言ったように知っていると知らない差は大きいと思います。」
大事なことを端的にまとめて頂けました。

 

 

逆に相性が合わなかったは、事前期待と求めるものが違っていたようなアマゾンの一部レビューの印象でした。
https://www.amazon.co.jp/dp/4478100713/

 

 

嬉しいお知らせなので、今日は安心感が戻り市場が大幅反発してくれることを願っております。

 

2冊目の本を出版するにあたり別館にて詳細を書いていきます。
http://blog.livedoor.jp/vcom2/