やりたくないことはやらない立場を目指してみるのも意外とありな最近

昨日は津田沼駅の惨状がニュースになっておりました。
列が続いてたモリシアにはジーンズメイト券を使いに行ったことがあるから距離感もよく分かってて、ちょっと異常すぎるなと・・・・
やりたくないことを回避するために全力で考える方が好きなので、仮に津田沼にいても絶対あの列には並ばないかな。
(人それぞれに事情があることは分かるが)

 

 

 

思えば昔から、やりたいことっていうのがよく分からなくて、やりたくないことはよく分かってるような感覚があったような。株式投資に出会ったおかげで、色々な意味で救われていくのだけれど。やりたいことがある人の方がきっと回り道しなくていいけれど、やりたくないことを避ける方のアプローチも意外とありだったなと。

 
昔はそういう主張をあまり見かけなかったけど、最近は関連する記事や本も目に見えて増えてきている実感がある。
(昔からもともとあったけど多数派でないため声に出しづらかったのかもしれない。)

 

 
やりたいことが分からなかった理由はここを見たら、あー昔の自分ってこんな感じだったなと
https://re-sta.jp/thing-you-want-to-do-1035

株式投資はトライ&エラーの連続で失敗しないことはありえないので、株式投資と向き合ってるうちに自然とメンタルが改善されていたのかもしれない。そして優待からこの世界に入ってるので、株価が下がろうが嫌になってやめるなんてことはないことが一番の救いだったのかもしれない。

 

 

ソフトバンクグループ社債は1.38%に決定

以前1.57%と1.64%の社債は買ったけれど、1.5%を割ってしまうと急激に買い意欲がなくなるのはなぜだろう。利回りの低下は信用力の向上とも言えるのかもしれないけど、今回は見送りで別案件(株かREIT)に注力しましょう。

 

 

不安定相場の中で淡々と時間は過ぎていきますが、企業は日々稼いでくれています。期待値の高い機会を適宜捕らえられる様に淡々とやるべきことをやっていきます。

オリバーが上方修正&増配 のんびり長期投資中

東証1部行き希望のIRから半年たちましたが音沙汰ないですね。
もっとも市況が荒れる中で比較的安定した値動きをしてくれているので不満はないです。

 
資産形成においては儲かるとか以前に損しないことも大事ですから、あくまで(開示済みの)東証行きはおまけ扱い。着実に利益を積み上げ配当と優待を出してくれるだけでも満足です。良い決算数字をひっさげての昇格を目指すなら当期中にありそうな気はしています。財務状況からすると増資はあまりないと思いますが、自社株の分売か売り出しならありえるか。

8月はさらに売りまくり

8月はすべてのREITを完全売却しました。
(その後のPOでいくつか当選したのはある)

 

 

また、魅力的な優待の早稲田アカデミーを取得したほか、以前にタダ株を除き5000前後で手放したDDホールディングスを分割後1400台で昔の株数まで買い戻して優待体制を整えるなどしました。結果的にキャッシュは過去最高水準になった一方で、インカム見込みは減少してしまい悩みどころです。

 

 

8月はNYマイナス800とかマイナス600などがあり、荒れた割には減ってなかったという印象でした。ディフェンシブや円高耐性の高い銘柄に多く振っている効果かと思われます。

ビックリするほど運がいい。ガストくじを初めて引いたら大吉が出て無料になりました

ガストくじを初めて引いたら大吉が出て無料になりました(操作したのは子供だけど)

これに限らずビックリするほど運がいいと感じることは多い。

 
それは、運が良かったことばかり覚えていて、不運なことは忘れてしまうからかもしれない。あるいは、うまくいったら幸運のおかげ、うまくいかなかったら自分が判断を間違ったせい(自己責任)と思うからかもしれない。などと色々考えて調べてみたら、同じことを言っていた人がいた。
http://agora-web.jp/archives/2034948.html

 

 

成功者の思考を取り入れようとたくさん本を読んできましたが、ある程度は身についているようです。自分も最初からできたわけではないし、今もできない時もある。でも、だいぶ変われた気はしている。

 

 

変わるための第一歩は、愚痴を言ったり人のせいにするのをやめることです。
(思うことは簡単にやめられない人がほとんどなので、せめて書くことは意識的にやめることだ)

それを何年か続けるだけで無意識に変われるはず。

 

 

株式投資において自己責任、自己責任と言い続けている裏には、幸運につながる道を見つけられるかもしれない。

 

 

日経マネー10月号に掲載されました もともと「プロ」はあまり信用していない

別冊付録の「億万投資家の戦略に学ぶ 年後半の稼ぎ方&波乱相場対策」において、暴落相場の際の対応などについて掲載されています。

 

 

ところで日経マネーもザイも10年以上読んでいますが、毎回のように思うことが1つ。アナリストなどいわゆる「プロ」と肩書がつく記事が役立ったと思えることが極めて少なく、個人投資家に焦点を当てた記事に発見が多いということです。

たぶん自分が目指す投資との相性の問題なのかと思います。

(価値観が違うというだけで批判しているわけではない)

 
ただ、プロの記事は、記事を作るためだけに無理やり論理構成しているような違和感があることが多い。その点、実際に投資しているであろう個人の記事が役立つというのは当然かもしれない。その個人の資産規模に関係なく発見や共感があることが多いから。

 

 

雑誌と関係ないですが、ゆうちょとか野村證券の人は投資信託等を売りつけるプロとしか思ってないので、昔から信用していなかったなと。なので、銀行や郵便局の人を信用するとかいう発想がそもそもないのであります。利用するなら対等な取引相手というだけ。

 

 

 

タカラリートを売却完了 やはり権利直前の公募増資きたー

・先日の上方修正時にも書いた通り、分配金大幅増は公募増資の布石と最初から考えていた。
・予想以上に極めて短期で大きく値上がりしており絶好の売り時に思えた。

 

 

今月の権利直前に90%くらいの確率で公募増資があると考えていたため、値上がりの勢いにすごく悩みながら少しずつ半分まで売り、なんと本日残りを一気に売却完了した所で公募増資発表・・・。

 
実の所、最後はNYダウの爆下げをきっかけにして気分的に売らされたというのもあります。
(もう少しキャッシュ作りたいけど、今売りたいのは公募増資がドカンときそうなタカラリートしかないんだよなぁと)
ですが、結果的に絶妙なタイミングとなってくれました。

 

もちろん増資があったから値下がりするとは限りませんが、最高値圏で120億調達とかなり大きい印象なのでよかったかなと思います。
(先日のCREの増資は30億調達と小さめだったので予想外に上がったが)

 

 

ちょうど1年前の夏、REITとしては初めて主力級になったタカラリートは9万弱で買い、分配金と優待を頂き、13万前後で売れたので1年で+50%程度と出来過ぎだった。優待銘柄とは極めて相性がいいですね。

 

 

細かい失敗も多々ありますが、時々訪れるこうした幸運を味方に、厳しい環境でも頑張って参ります。

 

ダイオーズ50周年 1Qは計画比大幅上振れ好決算スタート

(日本部門)
営業日数が対前年同四半期比で3日少ないことから固定経費比率が例年よりも高くなるという現象の下で利益確保の下振れ要因が発生しました。それでも3期前より本格的に取り組んでまいりました製造物流拠点や営業拠点の見直し政策により配送効率が上がり、ここ数年間上昇一途である物流費用高騰への対策が効いた事、電子化による営業関連事務作業の簡素化等のコスト削減策を確実に遂行させた事に加え、新規営業社員の生産性が年々向上している結果、当第1四半期の営業利益は、前年同四半期期比4.1%増の2億78百万円(期初計画比204.6%)と期初計画を大きく上回る好結果となり、第1四半期における過去最高益を更新しました。

 

 

(米国部門)
米国部門としての営業利益は前年同四半期比13.1%増の1億28百万円(期初計画比116.6%)となりました。

 

 

1Qの計画比を文章中に掲載しているのは珍しいですね。調整額を一定として計算すると、1Q営業利益の計画はだいたい2億円ちょいくらいだったのかなと。すると80%上振れとすごい決算であることが分かります。
ダイオーズの傾向として、決算短信の文章は担当者が自力で書いてる感があり、ちゃんと読むと良い情報が隠れてることが多いです。

 

 

優待拡充により家族株を結集し、今年は初の1000株優待を頂く予定でおります。

総会で頂いたお土産よりも豪華で色々な種類があるといいなと。

杉田エースの優待イザメシ到着 今年も家族全員違うものが届いた

昨年から選択制でなくなった杉田エースの優待ですが・・・
今年も優待セットA・B・Cとそれぞれ違うものが届きました。
半分以上は食べたことあるような。

 

 

同一住所は種類を変えてくれているのが明らかになったようです。
保存食が毎年定期的に届くのは嬉しいものですが、放置すると積み上がってしまうので、毎年前回の備蓄を取り崩しながらですね。

 

 

なお、同じ保存食のサンセイランディックのパンの缶詰は10月頃に送られてくるようです。

本日よりセブンイレブンで101円以上の買い物すると毎週100円×3還元×5週間

PayPay・LINE Pay・メルペイの合同キャンペーンが始まりました。
コンプリートしても1500円還元と金額的には小さいので、毎日の散歩ルートにセブンイレブンを組み込んで、ちょっと食べたことのないアイスや飲み物でも色々試してみますかという感じで利用します。

 

 

ちなみに今までPayPayだけでも還元された金額は累計3万円弱です。
たいしたことないとも言えるし、金利で3万円稼ぐのは大変だよねとも言える。

元々たまっていたヤフーマネーがPayPayに変換されたことで、ガンガン日常生活に吐き出されました。

 

 

いずれにしても、優待生活と同様に、楽しんで適度に習慣として利用する分にはよいのではないかと。これが苦役になってきたらやり過ぎですが。