リソルの優待券相場は85%程度まで上昇中

前回の初優待到着時は65%くらいだった気がしますが、時間が経ち品薄になっているんでしょうね。ヨロン島のプリシアリゾートにいつか行って長期滞在(優待生活)してみたいです。

オリバーが優待拡充+増配・・・・株価対策の先にあるものはいったい。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190301484812.pdf
オリバーはタイミングが悪く微妙に含み損銘柄ですがクリスマスの暴落からはだいぶ復活しています。過去の暴落もそうですが、地方市場その他の流動性が問題になる銘柄は暴落時が絶好の仕込み時だったりしますね。売りたい時に売れないからリスクが高いと言われますが、そういう発想はあまりない。そもそも暴落時に売ったりしないし、むしろ買いチャンスがあるので、リスクの裏には大きなリターンが見えることがあります。

 

オリバーはもともと配当性向が低かったこともあり、これが東証行きを絡めて変化することを見越して買いました。

流れとしてはまずまず読み通りになっているので、含み損だろうが満足はしています。今回の株価対策は、なんとしても時価総額250億以上にしておきたかったとも推測できますが、東証の制度変更もどうなるか分からないので、東証行きに関しては不確実性が高いです。

 

東証は時価総額で東証1部を再編するなら、昇格は500億(現状40億か250億)、降格基準を250億(現状20億)にすれば多少の中小型株は救われるかなと勝手に想像したりしている最近です。これなら、もしオリバーが滑り込みで1部に行ったらギリギリ救われるんだけどなぁと。

 

いきなり再編降格ということはなく、何らかの時限措置があると思われますが。

 

 

松屋に続いてコロワイド系列もPayPay導入・・・・優待の空白地帯がついに埋まる

https://image.paypay.ne.jp/pdf/pr20190301.pdf
現状のコロワイド優待は牛角や温野菜では使えないので歓喜ですね。

牛角のランチは自腹でもたまに行っていましたので・・・・。

 

さっそく来週行ってみますか。

Paypayが毎日優待拡充しているみたいな気分になれる最近です。

 

・第2弾100億円キャンペーン期間における還元上限は5万円

・やたら当たるくじ還元上限は2万円(約20回てこと?)

普通に生活しているペースなら積極的に使っても5月末まで十分もちそう。

 

 

 

確定申告シーズンですが年収が激減した場合も色々試算してみると・・・3億や5億を目指すつもりはない

確定申告を毎年するようになったきっかけは、ふるさと納税だったり、本を出版して印税が生じるようになったことです。よく言われることですが、確定申告をするようになって、初めて色々な税金の仕組みが分かるようになってきました。払うものはきちんと払ったうえで、どうすれば積極的に減らせるのかも考えるようになります。

 

ここ数年は雑所得があり追加納税しなければならないことが続いていましたが、逆に退職後に年収を大幅に減らしたらどうなるかという極端な試算もやってみています。
どうも税金負担が少なくなるのは
①所得税、住民税をゼロにした上で
②国民健康保険の負担が大幅に減るライン

という2段階かなということが分かってきます。

 

①家族構成にもよりますが年収100万円~200万円くらい?

さらに突き詰めると②をどこまで追及するかですが、軽減措置も関わってくるので計算は複雑になります。
「総所得金額が33万円以下で7割軽減」となる自治体が多いようです。退職後に雑所得だけと仮定すると、必要経費を考慮して年収50万円くらいがミニマム負担を目指せるラインなんでしょうかね。

 

ということで、将来的には年収50万円をコンスタントに目指すか?と大ざっぱに試算できました。その場合の国民健康保険はなんと月2000円台という試算です。
固定費がこれくらいまで減るのは嬉しいものです。

(今まで散々支払ってきたのだから・・・・)

 

あとは国民年金がありますが、あれは老後の積立預金みたいなものと考えておけばいいし、2年前納で結構割引になるようです。

 

未来に不安になることは色々ありますが、具体的な金額(特に固定費)が見えてくると、やるべきことも見えてきますね。

 

昔考えていた金額ベースでの投資目標はほぼ前倒し達成している段階なので、あとは徐々にどう生きるかの問題になって行きます。

 

もっとも、ゴールになったら投資をやめるという可能性はゼロでしょう。楽しいことなのですから。投資機会の発掘や企業の成長を見守ることそれ自体は楽しいことなので続けていき、結果として資産が増えてくれたらそれはまた嬉しいことでもあります。ただし目標は3億や5億ではなく、ファイナンシャル・インディペンデンスの状態(環境は変化するので、詳細を定義することは難しい)を作ることです。それを今後も見失わぬよう。

 

 

PayPayやたら当たるくじ継続中

 

PayPayやたら当たるくじ
現状10打数2安打(全額キャッシュバック)と概ね期待値通りに推移しています。
1000円ずつ10回買い物していった場合、2回1000円バック、8回200円バックとすると36%オフが延々続くということですか。

 

ファミマでついつい余計なものを買ってしまいがちだけど、食料メインなので普段買ってなかったものを色々試して楽しんでいる感じです。もともと有り余ってたヤフーマネーから払っているだけなので特に問題ございません・・・。

 

やや遠い行動範囲の書店でも使えるようになっていたので、どんどん拡大してくれることを望みます。ローソンは3月26日スタート予定です。

神姫バスに参戦・・・・取引時間中の立会外分売による1部昇格宣言

非常に珍しいパターンですが、不人気低PBR銘柄+流動性低め+分売数量控えめで、開示をちゃんと読まないと気付かれないパターンで美味しそうかと。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190227483200.pdf

 

たまたま見つけました。

何だか懐かしい感覚です。

(これが優待新設だと最近は即S高になったりするので)

 

 

少し見ていたらS高じゃないのに売り板全部なくなってしまいました・・・・。

 

MONOQLO the MONEY4月号に掲載されました・・・・早くも休刊ということなのですが

ライザップ関連が久々に良い調子という最近です。
地獄の底まで叩き売られたものも多いので、決算などをきっかけに「もしかしたら行けるかも?」と心境が変化してくればこんなものだと毎回思います。
さて表記の雑誌では特に優待関連について色々記事が掲載されました。
特にMRKは今ならいいんじゃない?と提案していますが、アンケートに回答したのは年末年始のどん底の頃です。株価がどん底だと大丈夫かなと多少抵抗があった記憶がありますが、あっという間に大底から2倍まで復活してきましたね。

 

ところで雑誌中の似顔絵は本人に似せてるのがよく分かります(会ったことのある人もいるので)。けれど自分のはちょっと違うかなと違和感あるし、写真も撮ってないのにどうやって作ったのかなと疑問。想像ですけど、他の媒体の似顔絵をミックスしてマッチョっぽく操作するとああなるのかなとか。エンジュクさんで作ってもらったやつが印象としては一番近いです。

 

1年経たずに休刊は残念ですね。
この雑誌の印象としては、内容は時々独自の良いことが書いてある部分もあるのだけど、文字が異様に大きかったり小さかったり目立たせようとしてるのが妙に読みにくい(文字が邪魔して肝心の内容が頭に入らない)というのが正直な印象でした。それが個性ではあったので、合っている人にはよいのでしょうが、過去号の読者の感想でも同じこと書いてる人がいました。

 

安定のザイや品質向上がめざましい日経マネーに対抗するのは厳しかったのかな。

 

 

祝!SFPホールディングス東証1部昇格・・・・Paypayも使えます

いつかあると期待せず待ってました。

需給の大幅改善につながると思います。
なお、先日よりSFPのお店でもPaypayが使えるようになりました。
松屋フーズでも使えるようになり、松乃屋で使ってみましたが、外食で使えるとどんどん選択肢が増えて嬉しいですね。

ゼットンが優待拡充・・・1年保有で従来の2倍のお食事券に

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190219479189.pdf
名古屋の施設は行く機会がなかったので、倍増に近い拡充になります。
一気に利回り5%近くになるので、権利直前にありがたいことです。

2012年から保有しています。
DDポイントに共通化するかと思っていましたが、ゼットンのお店で使って欲しいならこれもありですね。

 

長期優遇の株主優待はどんどん増えている印象です。
ありがたいことです。

ライザップ3Qの3か月間は30億円の営業黒字

第3四半期連結会計期間としては3,030百万円の営業利益を計上しております。

ライザップはもともと下期に稼ぐ企業なので、ここで黒字を出せないと本当に信頼を失うと多少ハラハラでしたが、概ね計画通りにいったようです。ただ、子会社のリストラはどうせやるなら当期中に終わらせて膿出しして欲しい所であります。
(リストラ進捗で再下方修正は十分ありうるかと思いますが、決算説明会によると必ずやる雰囲気があり、来期の計画と合わせて開示すると言っていましたね)

 

ライザップ関連はもうそれほど心配していません。
優待拡充のRVHは現状最低単元になりましたが、タダ株には遠い。
しかし直後にすごい下方修正をするとは困った。せめて同時に出す配慮をして欲しかったと残念ですが、金額的にはたいしたダメージでないので反省しながら優待を頂いてみます。

 

 

すかいらーくは配当が半減しますが、今まで維持してくれたので仕方ないですね。
優待に言及はなく何より。
15時~16時のPTSでは開示を読んで気付いた順にあせって投げ売る?ものだから1630円くらいまでつけています。PTSは感情で売買されることが多く、ミスプライスが起きやすいですね。
本当にそんなに下がるのかどうか、優待株主たちのパワーを見物しますが、現状の夜間では1700円台をキープしているようです。

 

 

その他、バリューHRやGMOペパボなど、もう株主ではないものの、以前に本に書いた企業達が時間をかけて成長している姿は頼もしく感じる今日この頃です。