7月は売りまくり

7月はREITが14年ぶりの高値とか報道されたり、ヴェリタスの1面がREITなどありました。そういう時にこそ売ります(買ったのは低迷していると報道されていた昨年でした)。だいたい早売りになってしまうことが多いのだけど、長い目で見れば意外と良い取引が出来ていたりします。

CRE全売り、みらい一部売り、爆上げのタカラはキープしました。

また、ユニゾは若干早売りの気分ですが一撃で100万以上の短期取引になったので不満はあまりない。

 

 

あとは底練りだった第一交通産業の大幅買い増しくらい。

結果的にパフォーマンスは向上した一方で、キャッシュが増えインカム見込みは減少しました。

 

 

決算シーズン引き続き楽しんでまいります。

早稲田アカデミーの優待拡充は非常にいいんじゃないでしょうか・・・久々にものすごい利回りになりそう

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190730478247.pdf
追加優待の金額のインパクトもさることながら、譲渡可能なようですし、実質利回りも相当高くなるのではと。

 

 

参考として流通している塾の優待券の相場は
・市進(中規模)80%強
・昴(小規模)60%強

早稲田アカデミーは市進より売上規模があるので80%程度と仮定すると、追加分の長期実質優待利回り10%程度となりますね。それに配当やクオカード長期優待もあるので、ものすごい利回りに。

 

 

さてさて、優待がどこまで株価を動かせるのか注目です。

ひとまず夕方のPTS777で買ってみました。

現在のPTSは800ですが、大口売りがなければ一気にこれくらいでもおかしくはないか?

 

 

 

プレミアム付商品券というのも販売間近だそうで・・・・7月優待権利落ち日でした

7月権利はバルニバービのみ。
たぶん権利以上に落ちるんだろうと思いつつ放置していたらその通りに。

 
そういえばプレミアム付商品券というのも販売間近のようですがあまり話題になりませんね。先払いで2万円払って25000円分の券をもらうという前時代的な感じのようです。ナントカPayにチャージしてくれたら時代の先端なのですが。8月はまたメルペイ70%還元やワクワクペイペイ20%還元を受けられそうなので、25%還元にインパクト小さい。

 

 

このほか、色々な合わせお得技を駆使した最近でした。

https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/news/campaign/190522_coupon.html
・松のやお弁当定期券500円引き
・ワクワクペイペイでさらに230円引き
1650円→920円

 

 

https://www.31ice.co.jp/contents/topics/190624_01.html
・サーティワン チャレンジザトリプル
・さらにLINE Payのクーポンで31% off
だいたい半額くらい?

 

 

使わなきゃ損みたいな感覚にもなりがちですが、プチ贅沢を後押ししてくれるような還元が好きです。

 

 

 

京阪神ビルディング1Q・・・・こんな決算初めて見た

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190724474994.pdf
当社グループの当第1四半期末の空室率は、全ての施設が満室稼働となり前期末の0.8%から0%となりました。

 

ユニゾとかヒューリックとか10年くらい不動産賃貸銘柄の決算を毎回見てますけど、0%は初めて見ました。驚異的ですね。。もう少し評価されるきっかけになって欲しいと思います。

 

決算シーズン突入で楽しみな季節になりました。

まずはリコーリースや沖縄セルラーなども順当(予想は毎年保守的)でよかったと思います。

エイチエス証券口座開設されたがユニゾは売却済み・・・・京阪神ビルディングはどうだ

ユニゾは平均3350くらいで売却済みです。
何か出る可能性は大いにありますが、引き上げ合戦は期待値が低いと判断しました。
上に行ったらもう仕方ない。

 

 

ユニゾはみずほの天下り先などと言われていますが、京阪神ビルディングはSMBCの天下りとのこと。こうした共通点も調べると案外面白いかも。

 

 

京阪神ビルディングは2016年2月の暴落時を手始めに、たしか別館に書いた石川臨太郎さんに触発されて買って保有し続けております。既に2倍弱にはなっていますが、ユニゾとBSを比較するのも面白いかもしれませんね。

 

 

直近の含み資産は680億くらいで、ユニゾよりも規模は小さいものの、財務内容は格段に良い(有利子負債10分の1)。最低限、含み資産を考慮しないでもPBR1倍は超えていて欲しいものですがなかなか株価がついてこないのが資産バリュー株であります。

 

 

モノ言う株主が引き続き2位にいるものの、若干持ち株数を減らしているのは気になる所です。

(今年の総会でたくさん発言されたというレポートを見ました)

 
優待もあるし、こういう地味な含み資産銘柄は長期保有にうってつけ(ただし自分としては主力にはしない傾向)。

 

 

 

PayPay20%還元で本が買えました・・・・もしや40%還元も行ける?

先日書いたセブンネットショッピングの店頭受け取りは、バーコード払いできるとHPに書いてあり、実際試したらできたのでPayPay20%還元で本が買えました。
これは嬉しい。

 

 

さらに思いついたのは、オムニ7独自のキャンペーンもやってるので、もしやこれと二重取りできるのでは?と。
https://7net.omni7.jp/general/sp/000000kounyu7ns
対象ストアで注文対象期間に税抜2,000円以上(送料・手数料込)注文し、2019/8/31(土)までに商品を受取った方。
※2ストア以上注文の場合、注文金額が合計で税抜2,000円(送料・手数料込)を超えれば20%還元の対象となります。
キャンペーン対象の累計注文金額の上限は税抜30,000円(送料・手数料込)となります。

(2ストア利用で20%になるので、仕方なくイトーヨーカドーネット通販も利用しておきました。これは上記の通り店頭受け取りにしてもPayPay使えなかった。あくまでセブンネットのみPayPay可能。)

 

 
要するに今からなら
・セブンネットで7月中に注文して
・8月にセブンイレブン店頭でペイ払いでよいのかと思う。

セブンイレブン店頭では、8月のワクワクペイペイ20%還元か、8/1からと噂のメルペイ70%還元?の件と合わせて決済。

 
ちょっとややこしいです。
20%還元には慣れてきちゃいましたが、40%以上還元なら買い物意欲も湧きますね。などと自力でやってみた所で調べたら分かりやすいまとめサイトがあったという。。。

 
https://ppp-payland.com/cashless/paypay/seven-eleven-pay-netshopping-campaign/
盲点まで網羅されていて素晴らしい。

 

 

ある日の優待生活・・・・秋葉原で現金を使わず色々できるか

・ヨドバシAKIBAの有隣堂ブックカフェ
ここはクオカードで飲み物が注文できる稀有なブックカフェ、でした。しかしクオカードの取り扱いが終わってしまってことを聞き動揺し思わず現金で支払ってしまう。iD払いができたので、メルペイのポイントを使えばよかったのだな。

 

 

ホリエモンの最新本を読んだけど、どこかで読んだことのある話を編集者がリサイクルしたような印象の本が多い最近。ただ定期的に読むと少数派に向かう脳が活性化される気はする。日本のロバートキヨサキと宣伝されていた本も読んだけど、そこまでオリジナリティを感じず残念。頑張れば3冊くらいはいける。

 
・アクセスチケット秋葉原店
AKB劇場の真下にあります。
店頭の金券ショップは何年もアクセスチケットしか使ってないです。
店舗によって買取価格が違ったりしますが、アクセスチケットはHP価格で買い取ってくれる店を一覧にしているので安心(秋葉原はなぜか11時~13時限定)。

 

とはいえ、金券ショップは基本的に買い叩かれる印象なので、ヤフオク相場×90%以内のものしか売りにいきません。最近だとビックカメラ、ヤマダ電機、JCB等のギフトカード、クオカードくらいですかね。

今回はクオカードがまた10万円近くたまってしまったので少し減らそうと売りに来ました。ただ、クオカードにも企業広告が入っているものは数%安くなりますので、ギフト柄と呼ばれる広告の入っていないものだけを売ることに。それでも数十枚を処理できて6万円超えてました。

 

 

・ビックカメラAKIBA
1階が薬、日用品、お酒のフロアとなっており珍しい構成だと思いますがインバウンド対策でしょうか。全国の抹茶のお菓子とかお土産品ぽいものが数多くありますので、ビックカメラ1000円券を使うのに最適です。なお、日本BS放送の優待券はお釣りが出ますので、お菓子1個を買ってお釣りをもらうという手も。

 

 

・きづなすし秋葉原

SFPのお店で昔は新宿まで行かないとなかったので、秋葉原にできて行きやすくなりました。食べ放題だとウニやえんがわをたくさん頼んでしまうかな。4000円分の優待券と残りをPaypayで支払ってワクワクペイペイ対象に。

 

 

現金を使わず、むしろ増えることを心掛けたある日の一例でした。

 

 

タカラリートが大幅上方修正で驚愕の利回りに・・・ユニゾはさらに売り

REITの中では超主力のタカラリートから大幅上方修正が出ました。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190717472636.pdf
分配金予想
・8月 3040→4600
・2月 3100→3500

合計8100円となり、なんと次の年間利回り7.6%に(プラス優待もあります)。

ありがたいことです。

 

 

もちろん特別配当みたいなものなので実力値ではないけれど、これで株価を上げて増資したいんでしょうね。REIT相場が堅調なので最高値で増資して欲しい所です。
今日もユニゾ3350で結構売りました。
値動きの激しさに惑わされていますが、十分満足感はあります。

 

 

ユニゾが爆上げしすぎて困る・・・・それでもいつも通りPayPay

ひとまず3500到達で3割ほど利益確定した本日でした。

うまくいって1か月で20万くらいのプラスを狙ったはずが、1週間かからずに100万以上のプラスになり久々に激しく戸惑っている。こんなことがあるから面白いのですが。

 

 

PayPayのセブンイレブンでのキャンペーンが始まっていますが、セブンネットで注文したものを店頭受け取りにしてPayPayで支払えば20%還元になるのではないかと思いついた。調べてみると実際やっていた人もいたのでできるのかもしれない。書籍で試してみようか。

ユニゾHDの備忘録・・・虎視眈々と隙を狙っている人がいる

そもそもユニゾを3000で買いに行った経緯は、TOBに申し込むことを想定して買取比率を90~100%と考えたためでした。

 
・100%なら全株3100で買い取ってもらえ利益になります
・90%台なら一部返却されますが浮動株が大幅減となり、将来の完全子会社化を見込みながら優待をもらうのも悪くないと考えました。
・ホワイトナイト等によりTOB価格が吊り上がればさらなる利益の可能性もあります。

 

 

買取比率は株主構成を考えて概算予想しましたが、紅の鹿さんと思考がそっくりでしたので引用いたします。
http://cervorosso.blog.jp/archives/1075154260.html
もちろん法人がTOBに応募しないとは限らないなど想定が異なるリスクはありますけど・・・・。増資リスクは感じませんし、まともな防衛手段はホワイトナイトしか、と現時点では考えている。

 

 

あと今回感じたのは、市場やPTSで案外中途半端な価格で売ってくれる人がいることですね。
2日連続S高の「2890円」でも儲かったから売ってしまおう的な人が結構いたかなと感じました。そういう隙に大チャンスが隠れていたりします。

 

 

その後、3100を突破したことで第三者の登場が期待される展開という現状です。

 

個人的には本件で儲かるとか儲からないはあんまり興味なくて、思考プロセスが正しかったのかどうかを競う推理ゲームに参加しているイメージです。この感覚があまり人に理解されない所である。