日華化学に参戦・・・・・・きちりがS高!・・・・・・そしてシステムリサーチが東証2部昇格して1部昇格も時間の問題か

システムリサーチが早くも東証2部昇格しました。

先日の立会外分売で目指してることを公開してたとはいえ異常に早かったですね。といいつつ、一連の施策は1部昇格のためと分かってましたから、今年中に1部まで行ってもまったく驚きません。もうド本命になってしまった感じ。

——————–先日の再掲———————
既に1部を見据えた施策でしょうという判断です。2部基準は満たしていると思いますし、今回の増配+優待新設(分割後基準)+分割+立会外分売のスペシャルセットで一気に1部基準を満たすと思われます。なぜ株式分割をしなければならなかったのかを考えれば明白だと感じまし た。

——————————————————–

きちりは新たな提携が好感されているようです。
http://www.asahi.com/business/stock/kabuto/Ctkkabuto1830878.html
先日は、いしがまやハンバーグにも久々に行ってきました。
単価は高めですが、満足度も高く良い店だと思います。
http://www.zaikei.co.jp/article/20160315/298322.html

日華化学は過去かなり相性のいい名証2部→東証2部→????の案件です。
もともと昨年12月に東証に来たときからウォッチしてました。
当時はやや過熱してる印象で見送りましたが、おかげで半値近くになり買いチャンスを待てたという状況です。東証2部だけのチャートだと悲惨ですが、名証2部のチャートだと元に戻ったくらい。

 

☆プラス面
・昇格に関しては間違いなく早い段階であると考えている。
・低PBRであり1Qに30億の特別利益が計上されさらに低PBRになる見込み。同じ理由で見かけの低PER。
・2014/11の1000株→100株への単元変更時に優待をいじらず。優待拡充がカードとして残っている 。
・多額の先行投資を行い売上成長意欲が高い。
・株価は大きく調整し期待が剥がれた状況にある。

★マイナス面
・円高デメリット(想定平均レート1ドル120円。10円円高なら利益がマイナス1.5億くらいとのこと。)
・海外の不確実要因(海外売上高割合が多い)
・先行投資で利益面に圧力(中期計画を40億→30億に修正した点について社長は「コストを抑えれば(当初の目標は)達成可能だが、さらなる成長に向けた投資を積極的に行っていく」と述べたとの記事あり。
・特に上半期は減益予想、下半期で本当に取り戻せるか業績は非常に読みにくい。前期下期に一過性のコストがあったことから整合はするが。。。

このような環境のため今の段階ではやや買いにくく、あと3~6ヶ月待つのもありだと思いますが、今日は1つめの買いタイミングでは あると思うのでとりあえず1000株確保。株主数が微妙なだけに100株優待拡充がきてくれたらすべてのマイナス面が一層されそうなんですけど、そこは運次第。

 

日経マネー2016年05月号に掲載されました・・・サラリーマンにはなりたくない

日経マネーは1月2月の暴落相場への対処法ということで、前月のダイヤモンドザイよりもさらに詳細に色々語ったものが採用されています。なお、コマニーは急落前に半分売って、セリクラから少し経って全買戻ししているので、若干表とズレていました。

ところで肩書がサラリーマン投資家となっており、たぶん読者にとっても便利な言葉なので特に変えて欲しいわけではないのですが・・・
サラリーマンという言葉には昔から今も結構な違和感をもっているため、自分がその枠にくくられると極端に言えば危機感すらおぼえます。子供のころからサラリーマンにだけはなりたくなかったような気がするのですが、何でなのかイマイチきっかけが思い出せません。

 
イメージの問題なのか、満員電車に押しつぶされて、サービス残業もいとわず、飲みの席で上司の悪口で盛り上がって、酔っぱらって帰って家族に迷惑をかける、みたいなイメージだったのかもしれません。そして給料をもらう人ということが前面に出た言葉であって自分に主体性がないような印象が今でも残っています。

 
実際に社会人になってみると、給料をもらう人がほとんどであって、その職業もものすごく幅広いことを知ったわけですが。でも、例えばビジネスパーソンという言葉にしてみると主体性が感じられますし、営業マン、広報マンでも仕事をしっかり表せています。何歩か譲って会社員ならまだ許容範囲ですが、サラリーマンはやっぱり使いたくない言葉なんですけどね。未だに普通に使われてますね。

普通に使われているから、つい受け入れてしまいがちですが、そこは意識してサラリーマン投資家などと書かれる段階をいずれ突破しなければ、と心のどこかで奮起させている。www9945さんなどが副業会社員(副業をする会社員ではなく、本業が投資関連の意味)という言葉を使ってたと思いますが、あれに似た肩書と実質を作りたい所です。

 

 
無謀なことをすることはできないので、まだ給料をもらう日々は続きますが、何も行動しないということはありえないので。次の変化を目指していると、意外にも何らかの機会にめぐり逢えるものです。

こうして雑誌記事に協力させて頂ける機会が増えたり、エンジュクさんなどでブログを書かせて頂けることになったのも1つの機会ですね。

WBS「ヒットの順番」で杉田エースのイザメシ(昨年の優待品)が取り上げられた

発売から1年半で堂々の非常食人気ランキング3位にランクインと紹介されていました。まさにこれが優待でもらえる(かもしれない)という点はまだ全然知名度がないと感じていますのであらためてご紹介。こちらでも以前紹介しましたし再掲しておきますね。

 

なおサンセイランディックの優待であるパンアキモトの缶もちらっと映っていました。。
非常食のランキングを放映と聞いた瞬間にこの2つが思い浮かんだので、見事放映されていてなんとなく嬉しかったです。

 

株価は少しは反応するのでしょうか?注目してみたいと思います。

—————————————再掲————————————-

無名の目立たない会社の中にはまったくといっていいほど動じていない会社もあります。保有してることも忘れてましたが、杉田エースの優待は初取得の見込みなので楽しみにしていますよ。

http://www.sugita-ace.co.jp/ir/irservice.html
最近お菓子も仲間入りしたことから、これが優待の選択肢にも加わるかもしれませんね。
http://www.sugita-ace.co.jp/products/news/archives/2016/02/01/entry5400.html

流動性も低く長い間ヨコヨコが続きますが、優待の魅力が増してくるとなると今後人気が出る可能性もありそうです。単元変更で100株優待ができて1年なので、たぶんまだまだ知名度自体もすごく低いですよね。話題を見かけることもほとんどありません。そういう会社を初心に戻り集めたいかも。

自分にできることはすべてやるつもりでがむしゃらに行動する・・・そこで初めて近道を発見できる

自分にできることはすべてやるつもりで行動する。なんてのは当たり前のことだと思うのですが、当たり前に感じられない人も多いようです。誰に何を言われなくても自分で行動する。それができる人はきっと報われる場面が人より多い と信じて進みます。

 

適時開示を毎日見るなんてのは当たり前の行動です。たくさんの時間を使い、行動したとしても、報われるとは限らない。けれど、行動しなきゃ何も始まらない。
大変じゃないのか?と聞かれることもありますが、それは野球選手に素振りって面倒くさくないですか?と聞いているようなもの。

時間がない?面倒くさい?だったら別にやらなければいい。

一方で投資には無限大の可能性があります。やるかやらないかも自己責任です。最低限自分で選ぶことが大人の行動です。
そして適時開示以外にも意外と企業のIR情報に良い情報が隠れてたりしますね。

http://www.ncd-jp.com/ir/news.html

例えば日本商業開発は適時開示以外にも補足情報を出してくることが多いです。

色々がむしゃらにやっていると、情報集めも慣れてくるだけで時間の短縮になりますし、集め方のコツみたいなことも分かってきます。
でも初めからコツを教えてと言われて教えたとしても、あんまり本人のためにならない気がしますね。必要な情報は人それぞれ微妙に違うし、自分で気付くことこそが何よりも大事だからです。

生きたまま伊勢海老が届いた優待サプライズ

株主優待の話ではありませんが、ミュージックセキュリティーズのファンドにも引き続き投資しています。最近は数年前のものが期間終了により償還されてきたのでその資金を再投資しているくらい。利回りはごくわずかなプラスです。

 

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=481#tokuten
今回はこちらから特産品が送られてくることになりました。ファンドの申込時には何も記載されていなかったのに「伊勢海老」を送りますとメールがきた。
冷凍か冷蔵で届くものと思ってましたが、なんと普通便で生きたまま届いた。。。。
捕まえると暴れ出すし、子供は泣き叫ぶし。。。

oZKxKNd0rGM25YlzTYZ19It5h4apmF

こちらで頂いたきりたんぽ鍋に入れて食べてしまうことにしました。。。
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=1175#tokuten
家族は触りたくないと言うので、自分でやり方を調べて調理することに。
鍋に入りきらなかったものの、ゆっくり茹でガエル状態にすると暴れずに美味しく料理できました。

 

これらのファンドは拘束期間が長いためリスクもそれなりに高く利益が出るかどうかは定かでありませんが、こうした変なサプライズも面白い部分であります。定期預金に預けてもつまらないので、200万円分くらいをこうしたファンドで回転させております。

システムリサーチに川西倉庫と立会外分売は需給関係を読むトレーニング

昨日のシステムリサーチに続き川西倉庫を立会外分売で取得しました。
分売は超短期的な即売る人たちの需給と、その他の要因を考えている人の綱引きとなり変化を見ていると色々なことを感じ取れると思います。何も考えずに売ってくる人が多い場面では思わぬチャンスがたまに訪れるものです。
少額資金で失敗と成功を重ねながら色々研究 するのには分売はいい材料だと思います。しかし両方ともクオカード優待なのでまた増えてしまいますね。現在の在庫5万円分くらい・・・。結構使ってると思うのだけど減らない。

 

システムリサーチの立会外分売は2つだけの当選でさらに買い増しました。
実施の目的:当社は当社株式の東京証券取引所市場第二部への市場変更を目指しておりますが、今回の立会外分売は当社株式の分布状況の改善ならびに流動性向上を図るために行うものであります。

分売の目的にはこう書いておりますが、それは建前で既に1部を見据えた施策でしょうという判断です。2部基準は満たしていると思いますし、今回の増配+優待新設(分割後基準)+分割+立会外分売のスペシャルセットで一気に1部基準を満たすと思われます。
なぜ株式分割をしなければならなかったのかを考えれば明白だと感じまし た。
中期計画上も15%成長と合格ライン(リスクとしては主要顧客のトヨタの投資失速など外部環境や人材不足か)。来期はさらなる増配を期待(記念配当でもいいので)できるとすれば配当利回りも高くなりそう。

その他、機関投資家が入ってなさそうとか、個人もまだそんなに気付いていないんじゃということで。

今だと3月60円配当なので、これを取るか分割後を取るか迷いましたが配当も頂くこととしました。業種的にはなかなか人気が出なさそうな感じですが、昇格して同じトヨタを主要顧客とするアビストのように飛躍して欲しいですね。

きちりのKICHIRIを初めて利用してみました

きちりは2年前の昇格周辺で持ってましたが急騰時に手放したため1年前の権利は取らず。再度落ちて来た時に買って今回2年ぶりの優待使用となりました。前回はすべて「いしがまやハンバーグ」で使ってしまったのでメインのKICHIRIは初訪問になります。料理もほとんどがプチ贅沢な感じできれいな見栄えで良かったですが、空間の使い方がうまいなぁと感じたお店でした。
http://www.kichiri.co.jp/brand/new-japan-style/

 

で、KICHIRI 空間で検索してみると、あぁやっぱり他の店もコンセプトは似てるんですねと感じました。
http://sakurabeautiful.com/?p=15013

きちりは強気の中期計画を掲げて成長中の会社です。
http://www.kichiri.co.jp/ir/pdf/1602151111.pdf
中期計画の達成にはちょっと疑問符があり、割と毎年業績未達のイメージは強いものの、自社株買いを繰り返し行うなど将来に対する自信はうかがえます。

 

優待券は「3000円券」で商品との交換もなくなるなど一般的な使い勝手は悪いものの、質の高いお店を運営していると、それもありなのかなと思えてきました。家族3人で行ってドリンク1杯無料クーポンが使えて6000円台だったので、ちょうど2枚使えて良い感じでありました。利回り5%超えなので株価見ないでホールドしています。

再び放置されているジーフットをしばらく注目してみる

ジーフットは2月権利落ちと業績未達懸念で停滞中という現在でしょうか。
個人的には業績に関してはそこまで極端なリスクは感じてないのですけどね。はたして株価は未来を語るのか、個人が警戒しすぎなのか?

まず直近の売上面ですが12月は暖冬で月次が最悪となりましたが1月の雪でカバーしました。2月も先行するABCマートの月次が良好だったことや、うるう年効果もありさほど心配ないかなと。正価販売に力を入れる方向で、売上成長していないように見えて利益率を上げている傾向が続いている現在です。

次に利益面ですが直近3Qの3ヶ月間の利益不調は東証上場関連費用の計上、上場記念セールの広告、上場記念10%引きセールによる利益率悪化などある程度一過性のものが多かったと記憶しています。
それなら4Qは利益回復の見込みも高いのでしょうか?あるいは暖冬で厳しいのでしょうか?

通期予想との比較では、売上予想は達成できないことは確実ですが、昨年も売上は35億未達でも利益は事前予想を上回ってきたくらいですから、コストコントロールは結構しっかりしている印象がありますが今回はどうなるかな。お手並み拝見といったところです。あとは4Qは4店しか出店がないので、出店関連費用も少ないと見込まれます(出店76は当初計画と一致)。ということで当期の利益に関しては10%以上未達だと悲しいが来期予想次第、5%くらいの未達なら許容範囲、達成してたらむしろサプライズという立ち位置の現在です。

そして1ヵ月後の決算発表の時点ではむしろ来期予想が何より大事ですね。
増資で資金確保したことですし、純利益ベースで34億=EPS80くらいを望んでおります(と思って四季報を見たら同じだった)。
あとは記念配当があるかもしれませんが、利益成長に応じた継続的な増配があれば文句ないですね。

リスクとしては利益未達以外にも、在庫評価損の発生、不採算店舗の減損損失の発生が考えられますが、それは毎年のことですし2Qの時点で在庫管理がうまくいっていることを強調してたのであまりないかな?

 

目先のことにとらわれると決算をまたぐのは危険なんて思い込みも出てくるのですが、特殊要因が払拭され来期再来期も着実に成長すると見るならば、やはり同業他社比では魅力的に見えるのです。ABCマートは別格としてもチヨダのレベルまで利益も時価総額も成長して欲しいと願っております。

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20151214-17268614-ifis-stocks
東証1部へ出世してレーティングも獲得しましたが、その後に市場全体が大混乱してしまったのでね・・・・。まだまだこんなもんじゃ終わらないだろう?とまずは上京1年目を見守っております。1部上場後に関しては持ちすぎて失敗することも、予想以上に成長することも半々ですからね。

3月はTACの大暴騰でスタート

日経新聞の記事が急騰のきっかけになりました。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20160301-00000005-scnf-stocks
2月のセリクラで大量買いした1社(準主力レベル)なので、こうして報われてくると嬉しいですね。

記事内容はほぼ四季報予想に沿ったものなのですが、実際に記事になると確信度が増すという所でしょうか。来期EPS30円前後まで回復すれば、過去にやっていた10円配当も夢ではないと思うけど実際は5円以内かな。。。それでも株価300円台くらいまでは頑張って戻して欲しいものですが。

この会社の講座は1年半から2年のコースが結構あることから、業績好調期間に入ると何期かその傾向が続くことが多い印象です(コストコントロールさえしっかりできていれば)。

 

http://www.bridge-salon.jp/report_bridge/archives/2016/03/160301_4319.html

軽いレポートはこちらにもあり。

今日はいきなりの急騰で上値が抑えられています。が、8月に噴き上げた時は350円突破まで行きました。あの時よりも業績面では安心感があるので、長い目でそれくらいは行って欲しいです。

なお、100株での優待利回りはヤフオクとかでは結構な高さですよね・・・タイミングにもよりますが。

ヴィレッジヴァンガード優待三昧・・・・明日からお宝発掘セール

先日は各種優待の使える店があるイオンモール幕張新都心に行ってきました。

まずはヴィレッジヴァンガード系のQK
http://makuharishintoshin-aeonmall.com/news/shops/5045
子供用にストライダーとヘルメットなどを購入してお支払いは7円でした(苦笑)

狙ったわけではないのに、結構な金額を買ってのこのピッタリ賞は店員さんに少し申し訳ない気分になりますね。
http://makuharishintoshin-aeonmall.com/shop/detail/183
お食事はVVダイナーにてまた優待使用で110円。

ヴィレッジヴァンガードは業績低迷によりいつ優待をいじられてもおかしくないリスクがありますが、そのリスクの対価と思うことにしています。現在たしか優待4年目。まずは10年くらいまで頑張ってほしい。そして長期優待は残して欲しい。。明日からお宝発掘セール(在庫処分セール?)ですね。私は行きませんが、各種レポート楽しみにしています。

http://www.village-v.co.jp/support/info/?date=2015-12#5024

2月優待は初取得が1月のセリクラ2700で買ったクリレス。分割で利回りが跳ね上がるのでそうそう下がらないだろうと考えておりますが、かなり時価総額が大きくなってきましたので、市況の影響も大きくなりそうです。しかしクリレスの優待だけではすぐに使い切ってしまいそうなので、子会社のSFPダイニングの優待共通化を切に願っております。