ユニゾHD TOB価格3100をあっさり突破・・・・・何が出るかな

昨日の夕方にPTS3000で大きく買い増ししてエイチエス証券の口座開設申し込みをしました。
(単純応募でも期待値は結構高いと感じたので、最近REITをたくさん売った分くらいを投入)

 

 

本日のユニゾ寄り付き3040で、あぁ市場の皆さんも期待値高いと見ているなとほっとしたのですが・・・・
午後になって3100付近の売りを一気食いした人がいるようです。
もしや村上さん系などが入ってくるんですかねぇ。

 

 

持ち株がTOB価格を超える展開はたぶん初めてなので、また深い悩みとよい経験になりそうです。何が出るのかひたすら耐えるか一部利益確定するか。

 

 

 

ユニゾホールディングスがストップ高・・・・TOBに遭遇したら知識と経験を深める大チャンス

ユニゾは当面は3100円を超えることはないと思っていますが、明日はまだ売らないつもりでいます。

 

 

さて、こうして持ち株がTOBに遭遇した場合で、基礎知識がまだ十分でない人の場合は、基礎知識を身に付ける絶好のチャンスでもあります。掲示板とかで聞いている人もいますが、断片的な理解にとどまると思うので、体系的にまとまっているサイトでも探してみては?

 

ちょっと検索しただけでも完全子会社化、連結子会社化、持分法適用関連会社化の違いがざっくり整理できたりしますね。
もっと勉強したい人は、どれくらいの割合(例えば3分の2)の議決権を持てば何ができるのかを調べてみるべきかと。

 

 

若いうちから株を実際にやってみるといいのは、値動き等が分かるだけでなく、自主的に勉強するきっかけがたくさんできるからです。きっかけを手にしたら、まずは自力で何かできないか色々調べてみましょう。他人に聞くのは自分で調べた後。
そうすると、飛躍的に知識と経験を高めるチャンスになりえます。

 

 

私もTOBの知識なんて皆無だったわけですが、結構な持ち株がTOBに遭遇して、実際に値動きを追ったり応募したりしてたくさん知識と経験を積みました。そういう積み重ねは一生の財産になっていきます。

 

HISがユニゾHDを3100円で敵対的TOB(上限45%)・・・・資産バリュー投資の勝利か

HISが筆頭株主になってたのは認識してましたが、持ち株は優待目的保有のみでした。しばらく含み損状態でしたが3年後の優待を楽しみに待っていた所、今回のTOBに。主力にされてた方は大変苦しんだうえでの大勝利ですね。。一時は1754まで下落したので大量に持ち続けるのは結構辛いことだと思う。。
ユニゾは2冊目の本に色々書いた通り、過去の投資でも結構な利益が出ましたし、2回目の今回もそこそこ利益が出そうでよかったです(3000台で売るかどうかは悩みどころ)。

 

 

巨額の有利子負債を積み上げ増資連発という株主軽視の異様な会社でしたが、外部からの圧力がカタリストとなり含み資産の潜在価値が引き出されたことになります。
資産バリュー投資はこのような特大花火が醍醐味ですね。

ただ、資産バリュー投資は優待を楽しみながら分散投資の一環として組み入れる(主力になることは少ない)という、自分のスタンスをこれからも維持して行きたいと思います。

「ファミペイ」お詫びボーナス進呈に関するお知らせ・・・しかしPaypayの圧勝である

一番利用しているコンビニはファミマなのでファミペイは初日にダウンロードしてみました。ログイン自体ができなかったので数日放置していたけど、クーポンの使い方が最初分からなかったくらいで、中身はそこそこかなと。ただ、わざわざチャージする意味がないので、クーポン利用専用になりそうな。

 

 

お詫びボーナスはしっかり頂いておきます。

 

 

なお、大失態となった7payに関しては、特典のおにぎり1個じゃ別にいらないな~と導入していませんでした。
(そもそもセブンはあまり使わないのでナナコも持っていない)

 

 

どのコンビニでもPaypayが使えるので、自分の中ではPaypayの圧勝です。
8月のワクワクペイペイでまたコンビニ利用が増えそう。

 

 

 

 

 

 

余命宣告を受けた「バリュー投資家」

以前も少し話題にしましたが、石川臨太郎さんが亡くなられたことを知り大変残念ですが、最後の書籍を残して頂けたようです。
生前のブログからは主に資産バリュー投資を具体的な銘柄とともに学ばせて頂きました。どのような心構えで最後まで投資を続けられたのか、参考にさせて頂きたいと思います。その魂は少なくないバリュー投資家の心の中できっとこれからも生き続けて行くのでしょう。

意外と使えるかもしれない神姫バス優待・・・・・第一交通産業優待も

神姫バスはその名の通り神戸と姫路の人メインですが
https://www.shinkibus.co.jp/ir/pdf/benefit/shoplist.pdf
バスだけでなくお買い物や食事に使える優待があります。そのおかげか、優待の落札価格も比較的高め、配当と合わせて利回り3%程度か。先日の2回目の立会外分売時に買い増ししました。流動性は十分改善されたと思うので、今後昇格してどのような値動きになるかですね。配当倍増くらいすぐにできると思い、その辺の改善も期待します。

 

市況が好調な中で出遅れ株にも注目されます。
第一交通産業はボチボチかなぁというタイミングなので久々に買い増ししました。以前の分割で中途半端な株数になってたこともあり1000株優待がとれるように。こちらの優待もカタログギフトで使うか、売却しても8掛けくらいになり十分な魅力。配当も現時点でもそこそこ高いが東証に行ったらさらに向上を求む。
一方でキャッシュ調整のため、最高値圏かつ話題が多くなってきたREITを少し放出し始めています。このように徹底的に逆張り体質なので、短期的には裏目に出たりしますが、長期的にはリスクを抑えられる印象です。

 

 

投資法人みらいがホワイトナイトに登場・・・資本主義の当事者になるのは面白い

REIT初の敵対的買収に動きがあり、保有する投資法人みらいがホワイトナイトに名乗りをあげたようです。このように間接的にでも当事者になると、ニュースに興味が湧き色々調べると思うので、利益がどうこうより面白い体験になります。

 

バリュー系優待株を保有しているとM&Aがらみは昔からちょくちょくありますね。最近も日本ビューホテルを買うかどうか迷っていたらヒューリックに買収されてしまいました。

 

最近はバルニバービが堅調に戻しております。
夕刊マダムさんの記事を以前見たことがありました。アリンコのロールケーキは、お店は見たことがあったけど食べたことはないので優待で食べてみたい一品です。

ボーナスは株主優待コレクションに投入していたその昔・・・誰にでもできなくても自分はやる

社会人になったばかりの頃は、ボーナス時には過去最高の大金が入ってきたので、気持ちが大きくなって何回も旅行に行ったりしてたような。

 

しかし、株主優待に出会ってからは、ボーナスを当然のように株式投資に投入するようになりました。

 

そういえば自分の本や記事に「20万で始めて1億突破」などと書かれ、その言葉だけ見ると500倍にしたかのように思われることがあります。でも、主には毎年のボーナスの入金から新規投資を繰り返し、有望優待株コレクションをどんどん増やしていったことがきっかけでした。
(結局いくら投入したのかは不明)

 

特に男性には本能的にコレクション欲があると言われたりしますので、有望優待株コレクションを始めると自然と資産形成が進むように思います。現金を資産(キャッシュを生み出すもの。優待もキャッシュの一形態。)に変えることを習慣にすることで、どんどん積み上がります。
もちろん最初は含み損益にも一喜一憂するのですが、たくさんのことを学ぶ意欲にもつながります。実際に投資をしてみないと学べないことは山ほどありましたから。それが自分に合っていた大きな流れだったのでしょう。自分の流れをつかんだことで、将来の飛躍の種につながっていったわけです。

 

同じことを人にオススメするつもりはありません。成功するためには自分の意志で始め、続けなければならないと思います。ただ、自分に合った仕組みづくりのようなものはきっと誰にとっても重要だということ。

 

私にはできないと最初から言ってる人にはできない。私なりの方法を考え続ける人には突破口が見える日が来るかもしれない。

 

 

いつもどこかでワクワクペイペイ・・・7月はランチ&スーパー!8月はランチにコンビニ追加!

・7月
対象となるのは飲食店とスーパーマーケットで、ランチの時間帯(11時~14時)にPayPayで決済すると、最大20%のPayPayボーナスが付与される。付与の期間中合計上限は3万円相当。

・8月
8月は第2弾として、対象店舗にコンビニを追加して実施する。期間は8月1日~8月30日のランチタイム(11~14時)。

 
例えば6月到着優待をヤフオク売却→ペイペイチャージでランチの流れを使い、現金を使わない生活ができそうです。行ったことのない店も発掘してみましょうか。

6月は配当優待大量到着で安定的に推移

 

新規参戦は先日も書いた立会外分売のバルニバービ、9月優待初取得へ向けたジーエフシーでした。

 

 

キャッシュ調整のため好調のCREを1割減らした所、上場初の公募増資で下落しました。タカラリートや投資法人みらいが上方修正で分配金増となりますので、合わせてインカムが徐々に増えていけば満足です。