「どこかで降りること」について色々考える・・・お祭り銘柄でもビットコインでも同じ

人生が永遠だったら、とある銘柄に永久に投資するのもありかもしれない。同時に、何となく条件のいい仕事を続けるのもありかもしれない。けれど、人生には限りがあることを知っているので、悩ましい。

 
今後必要な資金がある程度分かっている場合、ハイリスク資産に置いておく割合が高いのは望ましくないことも分かってしまうのでさらに悩ましい。
(株がハイリスク資産なのではなく、一般には割高になるほどリスクは高まる)

 
守りに入ると運用成績そのものは落ちることが何となく分かっているのだけれど。ただ、割高過ぎる銘柄はどこかで必ずといっていいほど是正される(もしくは業績が株価に追いつく)歴史があることも知っている。持ち株を売るのはいつでも本当に難しい決断です。

 

 

P社の場合は結構頑張って踏みとどまり続けて、大多数を売るのにここならいいんじゃないかと思った所から短期で5割も上がった。悔しい気持ちもあるけれど、割といつものこと。熱狂時には、よくここまで上がるものだねと「感心する」といった感覚が最近の実感に一番近いかも。

 
もっとも、どのみち最高値で大多数を売るということは偶然以外で不可能なことだと経験上感じているので仕方ない。自分も現状最高値付近で売れたのは年初の持ち株数のわずか2-3%程度だった。

 
今でも、年初と比較すれば相当高い所にいるのに、なぜ爆下げしている気分になってしまう人が多いのだろう。上がることが当たり前になってしまうと怖い。株主がリアルタイムでしか味わえない、とても良い経験。

 

 

どこまで踊り続けるか、はたまた降りるのか、再び乗るのか。
それは人それぞれの向き不向きがあるだけで、正解か不正解かはない。
言い換えれば、時によって正しいかどうかは結果的に異なる。

 
ビットコインなども典型的で、とんでもないバブルと言われてからさらに数倍になっている。たまたまそうなっているだけで、ビットコインを手掛けていた人は別に英雄ではないし、その人が今後何かを当てられるとも思っていない。なので、ぼちぼち降りるということも重要かと思う。それがいかに難しいことかも知っているけれど。

 
私の場合はお祭りになったらたいてい売るし、元に戻るくらいまで下がらないと再び乗ることは稀かもしれない。それでよく再度のチャンスを逃したりもした。
一方で、大きなリスクを抱えることは比較的抑えられてきたことを自分の中では知っている。

 

 

目指す投資は元々「ローリスク・ミドルリターン」なのだから。それでいいのだ。
あとは今後ローリスクを過度に意識しすぎないこと。
そこを乗り越えて行かないと、新しい自分になれない。

 

 

 

祝!MS-Japan 東証1部昇格・・・・1年ルールとの試行錯誤

かつて会社が最短を目指すと宣言していた通り、最短の昇格発表でした。

(9割がた今日だろうと思ってたのでブログは下書きして待ってました。)
昇格自体は完全織り込み済みだろうし、当面の目標株価は超えてるしと、今朝辺りは悩ましい場面でした。
・分割その他の好材料とセットでないと上がらない可能性もあるかな
・増資はないだろうけどな
・1年ルールがどれくらい意識されているのかな

ということで、もし朝が昇格発表狙いの特買だったら売っておくか?という結論になり実際に特買になったので5640円での利益確定。

 
上場時には4000くらい行けるのでは?と半信半疑で書いてたので
https://ameblo.jp/v-com2/entry-12229217709.html
それを思えば上々過ぎる結果の3倍弱株となりました。
課題はこういう大当たりをもう少し大きく買えるかってことだけですね。今思えばできそうに見えるけど、1年前の段階で不確実すぎる状況(1QでCM費用の予定があり利益が出ない難点もあった)に賭けるだけの確信がなかったということになります。

 

なお、1年ルールはいまだに色々な誤解をしている人が散見されますので、実戦で色々考えたり使わないと本当の意味では身に付かないのだろうと感じることがよくあります。

 

 

ガイアの夜明け銘柄の顛末

過去何度も持ち株がガイアの夜明け、がっちりマンデーやカンブリア宮殿などに登場しました。今回に限りませんが、予告で知られた段階で買われ出して、前々日から当日あたりにピークをつけて、テレビ放映後の朝は下がるパターンが最近多い気がします。
言葉は悪いですが、テレビを見て買いに来た人に売りつけようとしている人たちがいるわけですね。その事実を知って値動きを見ておくと様々な気付きがあります。よいきっかけだったので、月曜の朝に少しだけ行動しました(ジーンズは持ってませんでしたが、持ってたらきっと売っている場面)。ぱどやパスポートの動きを見てると、グループ全体でもう少し調整しておいてもよかったかなと結果論では思います。
が、本当に価値ある銘柄はガイアの高値を乗り越えて行くものです。

番組内容自体はよかったと思いますよ。
株主ならほとんど知っていることでしたけど、映像として具体的に見ることができると面白いものでした。引き続き株主としてグループ全体を応援していきます。

 

人と比較しない強み。一方で良い所は吸収する意識。

そういえばツイッターはやらないんですかと何回か聞かれたことがありました。
疲れそうだからやらないです。人のものもあまり見ない。
特にスマホは時間を取られるので、できるだけ見ないようにしています。

 

株式投資のブログやツイッターでは
・勝った負けた
・儲かった損した
話がたくさん飛び交っていますが、そういうのはあまり見ない方がいいかなという違和感を感じている今日この頃です。

 

やるべきことをやった結果として、資産が育ってくれればいいので。。。

他人は他人、自分は自分の強みを生かして投資したい。

他人と勝負しているわけではなく、自分と勝負しているのだと。
そう思うのですが、時々つい他人が何をつぶやいているか気になってしまったりもします。そういう時は、できるだけ自分の投資に近い人の良い所を吸収する意識でいるといいのかなと。自分の投資から遠い所にいる人だと、うまく消化できないので、心がかき乱されがちです。

 

そういう意味では、結局は本や開示資料を読んでるのが一番好きかもしれません。

自分のペースを乱されないので。

 

 

祝!日本プラスト東証1部昇格・・・・12月第1弾きました

日本プラストは2011年の500円以下の頃からの長い付き合い(クオカードもらいながら放置)です。たしかタカタ代替関連で吹き上げた時に売って、1000円以下に戻ったらまた買い戻して、いつか来る日を待っていました。

 

売出付きではありますが、サプライズ昇格ですので南陽と同じくらいのイメージで。
割安放置の会社ですので、どの程度水準訂正してくれるか見守ってみます。

ガイアの夜明け銘柄

さて、来週のガイアの夜明けはライザップグループ(ジーンズメイト再建)です。
この影響でジーンズメイトが高値更新してきたのは驚きでした。
ジーンズメイトのリニューアル店舗を何件か見てますが、お店もきれいになったし意外と色々なものが売っていて使えそうなので、次に来るマルコの優待にジーンズメイト券があったら、お買い物に行ってみたいと思います。

 

イデアインターナショナルは買い戻したし、堀田丸正は落ちた時に買い増したので盛り上がっていくのは歓迎。久しぶりに子会社たちがジーンズメイト発で連動してる感がありましたね。

 

12月は配当や優待もたくさん届きますが、2017年は月次全勝を達成できるのでしょうか?
ハードルは高いですが、期待せずに見守ってみます。

11月の動向

売却益の税金だけで200万以上控除されています。結構な金額ですが、もともと含み益には20%差し引いて考えなければならないので、仕方のないことです。この影響でプラスは難しいかと思いましたが終盤にプラ転していました。

 

11月はたくさんの銘柄を売却しています。大きく上がったものや、重要性の低いものを整理。
今後の下落を予想しているわけではなく、全体や個別が上がって楽観が漂う時には売る姿勢でいるためです。もちろんお祭り状態のものは積極的に売っていくことに変わりありません。
・約3倍株で売却の火薬HDは当面の高値付近1300弱で良いタイミングでした。
・約2倍株で売却のR商事もそんなに期待してたわけじゃないのに、1100台によく上げてくれましたが増資前に売れたのは偶然です。
・緑遊園地は決算好感S高後のPTSで600くらいの良い所で売れました。
その他、120倍株や46など(一部)売却後にガンガン上がっている銘柄も結構ありますが、もう仕方ありません。

 

なお、正興電機製作所が東証デビュー直後に大ブレイクしており意外。ですが、こういう報われる瞬間を何度も味わうと、中長期投資のリスクを取るのが苦痛ではなくなります。南陽のようにじわじわ上げてくれる方が好きなのですが。。

今週すかいらーくは買い増しておきました・・・・数年後長期優遇パターンへの変更なら歓迎

今週すかいらーくは買い増しておきました。

もともと12月権利に向けベインが売ってきたら買う予定でしたので。
もし優待が変更されるとしたら2~3年後くらいに明光ネットのような長期優遇パターンが理想と考えています。3年保有株主は維持、それ以下は元に戻すでちょうどいいのではないかと。
(さすがに1年で改悪したら信用失うでしょうけどどうなるかな)
そのため、最低100株は貸株しないように設定しておこうと思いました。
ガスト、しゃぶ葉、夢庵、ジョナサン、ニラックス社のビュッフェなど、子連れでも行きやすいお店が多く意外と早いペースで優待使用が進んでいる現状です。株価は当分は不安定かもしれませんが、インカム目的なのであまり気にしません。

 

優待目的で保有していると、株価があまり気にならなくなりますが、12月優待のブロードリーフはしっかり上昇してきてますね。そういえばずっと昔から、優待を加味してタコ配なんじゃないかという書き込みをあちこちで見かけてきました。コロワイドやアトムが典型でしたが。
ブロードリーフの例では
・EPS予想28円に対し
・配当22円+クオカードの優待30円分=52円
だからタコ配というような考えです。

 

それは株主側からの印象に過ぎません。
会社側の立場に立ってみれば、株主数×優待がコストになりますので
例えば5万人×3000円=1.5億としたら、EPSに換算すると3円分くらいになります。この辺りまでは本にも書いたことです。
しかもこれは、純利益から支払われるのではありません。優待費用を既に差し引いた金額が純利益です。
売上
売上原価
売上総利益
販管費←優待の費用はここに計上済み
営業利益
経常利益
純利益(EPS)→配当と内部留保

 

損益計算書の構造を考えればこんな感じになると思います。

優待は営業利益以下の押し下げ要因になりますが、配当のように純利益から出してるわけではないということですね。とはいえ、金券優待は改悪可能性の高いものですので、それを踏まえてどうするかは毎回の悩ましい判断となります。

 

 

祝!RIZAPグループついに100倍株を突破・・・・子会社たちの現状

ライザップは本当に強いですね。
自分にはここまで主力以上で持ち続ける器も覚悟もなかったということで仕方ありません。それでも今もそれなりの株主なので喜ばしいことです。複雑な気分ですが、人生初の100倍株ということで歴史を刻みました。
福証からの昇格が続いているように、12月に東証行き+増資があるならそろそろのタイミングが意識されてるのかな?と。

 

その昔、2004年頃、テンセントが上場した頃に買ってみようか迷ってたことがありました。その頃はサイバーエージェントに投資してた頃だと思いますが、日本でこれだけネット企業が成長するなら人口の多い中国は今後・・・などと単純に考えたものです。ただ、まだ日本株自体も初心者からようやく抜けたかという頃でしたし、中国の情報なんてよく分からないしな~と、いろいろ言い訳を考えやめてしまった。
現在、テンセントはアジアを代表する企業に成長し、株価はおそらくあの時の500倍くらいになっています。あえてタラレバを使うなら投資人生最大の失敗はこれです。
もちろんその過程にはリーマンショックやチャイナショックもあったわけで、保有し続けられたとは思わないものの、ほんの10万円分でも買って忘れて放置していたらと夢のある話ですね。テンセントを逃した結果、二度と100倍株のチャンスはないかもしれないと思っていました。
けれど、自分の得意分野である優待+昇格投資+中期計画考慮といった形で、ど真ん中を特大ホームラン100倍にできたことは今後にもつながってくれると思います。

 

ライザップは子会社が今後どうなるかですね。
・イデアインターナショナルは業績改善が鮮明になった一方でつれ安して1000割れが意外でしたので買戻し。高優待利回りには惹かれます。マルコの場合は4万円の10%ですが、イデアは20万円の9%なので、優待の金額が高く選択肢が多く買いたくなる。
・堀田丸正は引き続きその時を待つ
アパレルの成長戦略がしっかりありますので、長い目で(割安の意味ではなく優待に向けた)安心感があります。優待はどこかで変えなければならないはずで、残すところ4か月。
・ぱどは2Q(3か月)の黒字化に伴い落ちた所をある程度買戻し
グループから広告を受注できるのである程度までは安定黒字化を継続できると思います。
そうすれば優待新設が見えてくるはず。

 

SD、夢展望、パスポート、ジーンズメイトは個人的には決め手がなく買いにくいので買い戻せずという現状です。

 

 

すかいらーくは当面の悪材料出尽くしとなるのか・・・ToSTNeT-1で筆頭株主入れ替え

https://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20171121/at1437/140120171121422579.pdf
これって、前回の海外売出と違って、すでに大株主になる買い手が決まってるってことなんですかね?

 

「ベインキャピタルが年末にも売出」みたいな記事を以前見たので、現在の市場は一般に売出されるのをある程度織り込んであまり株価が上がっていないと思うわけで・・・・。
新大株主が全部引き取ってくれるなら、市場に出てこない分、好材料になるのでは?とまずは考えました。そして新大株主が誰なのか次第で、今後の方針や優待の行方が左右されるのではないでしょうか。
とりあえずの第一印象です。大型株なのでなかなか動きは読みづらいです。